矯正前にしておいて欲しくないこと|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

矯正前にしておいて欲しくないこと

投稿日:2018年12月3日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。急に寒くなりましたね。お風邪など召されないように、お気を付けください。やはり加湿ですね。私も開業の際、医院のために友人からダイキンの加湿器買ってもらっちゃいました。

今日は矯正前にしておいて欲しくないことを書きますね。

自費の高い被せものを入れる

矯正治療は歯を抜くにしろ、抜かないにしろ、ダイナミックに歯並びを変えていきます。口の中は繊細で髪の毛1本あってもわかるので、自費の高い被せものを入れてしまうと、矯正後にやり直しになる可能性が大きくもったいないです。

またインビザラインでは、スペースが足りないときに歯を削ったりするので、保険の被せもの、詰め物にしておいて、その部分を天然の歯の代わりに削る方がご自身の歯を守ることになります。

歯周病のチェックをしてこない

歯周病がある状態で矯正を始めると、歯周病は速度を増して悪化していきます。ですので、虫歯はなくても歯周病のチェック、歯石をとったり、歯茎の腫れているところがないようにしてほしいものです。

虫歯の治療を全てしてしまう

もしかしたら抜歯する歯があるかもしれません。そんな時はかかりつけの先生に矯正治療をするかもしれないから、ものすごく痛くなく、特に小臼歯の治療は待ってもらいましょう。前歯の治療や、奥歯の治療は行っても構いませんが、奥歯は被せものに注意です。もしかしたらその奥歯の状態がかなり悪い場合は、小臼歯に変わってその歯を抜くかもしれないからです。

 

また他に思いついたら足しますね。

では、今週も頑張りましょう。          長尾紀代子

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る