大人の矯正治療|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

大人の矯正治療

大人の歯列矯正にかかる期間と始める時期

大人の歯列矯正にかかる期間はどのくらい?

矯正の期間

歯並びは個々人で大きく異なりますので、一概に治療期間の長さを言い切ることはできません。ただ、大きな目安としては、1年半から2年程度といった期間を考えていただけたら幸いです。さらに、矯正治療が完了したのちは、3ヶ月に1回程度、ご来院いただくこととます。これは保定期間と呼ばれるもので、動かした歯の後戻り防止を目的としており、約2年間ほどリテーナー(保定装置)を装着していただきます。

大人の歯列矯正はいつから始められるの?

矯正開始時期

歯列矯正は「成長期の子どもが受けるもの」というイメージが強いため、中高年の方は半ばあきらめてしまっているケースも少なくありません。けれども、成人矯正では広い年代の方に歯列矯正を受けて頂くことが可能となっております。例えば、歯や歯槽骨の状態が良ければ、60歳以上の方でも歯列矯正の対象となります。逆に、20歳前後であっても口腔内の状態が悪ければ、歯列矯正の対象外となり得ることも知っておいてください。ともあれ、基本的にはいつからでも歯列矯正は始められます。

大人の歯列矯正を受けるメリットとは

大人の歯列矯正である「成人矯正」は、子どもを対象とした「小児矯正」よりも治療法や治療装置の選択肢が格段に多いです。最もポピュラーなワイヤー矯正に加え、透明なマウスピースを使用したり、歯の裏側に矯正装置を装着したりするなど、審美性に配慮した矯正法も多数、用意されています。また、気になる部分だけ矯正する「部分矯正」も受けることができます。

歯並び症状別(矯正Before&After)写真と解説

BOSTON矯正歯科院長のDr.長尾が実際に治療した成人矯正の治療前後の写真とともに、治療に関する解説を掲載しております。下記からご自身の歯並びに似た症状をクリックしてBefore&After(矯正前と矯正後)と治療法解説をご覧ください。

トップへ戻る