子供の反対咬合の矯正治療例|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

子供の反対咬合の矯正治療例

子供の反対咬合の症状について

子供の反対咬合

正常な歯列では、上の歯が下のよりも少し前に出ています。この位置関係が逆になっているかみ合わせを「反対咬合(はんたいこうごう)」といいます。3歳児健診では4~5%の割合で反対咬合が見つかります。かみ合わせが反対になっていると、顔貌にも大きな影響が及びますが、お子さまの反対咬合はひとまず経過観察することが多いです。というのも、乳歯が永久歯へと生え代わったり、顎が発育していったりする過程で、反対咬合が正常なかみ合わせへと自然に治るケースが珍しくないからです。ただし、骨格的な問題で極端な反対咬合になっているケースでは、治療を要することがあります。

子供の反対咬合の治療期間

年齢層:3歳~小学校低学年
骨格的な問題が原因の反対咬合は早期治療が求められます。

子供の反対咬合の治療例(Before&After)と解説

子供の反対咬合の治療例(10代女子・治療期間6ヶ月)

治療例

年齢・性別 10代・女子
治療期間 6ヶ月
治療費(税別) 25万円

前歯部反対咬合を主訴に来院。検査の結果、当時は歯性であって、骨格には異常はないことが判明。取り外し式装置で上の前歯を前に移動させ、一旦、矯正治療は終了。その後、長い経過観察が待っています。永久歯に生え変わって、前歯がやや上と下が当たっている切端咬合と右上犬歯の咬合が甘い感じでしたが、本人の希望でいわゆるII期治療はしないことになりました。歯磨きも頑張っているし、もう20歳超えているはずですが、虫歯0です。ご家族全員で同じ医院に10年以上定期的に通ってくださっているので、何かあっても私も安心です。

子供の受け口の治療例(10代女子・治療期間4年半)

治療例

年齢・性別 10代・女子
治療期間 4年半
治療費(税別) 30万円

下の前歯が長く見えると来院。上の前歯2本に下の真ん中の歯が挟まれていて、歯茎や骨の状態が心配なので乳歯が存在する時(混合歯列期)から矯正スタート。治療中にどんどん永久歯に生え変わって行ってしまい、ここで終了しましょうと言えなくなってしまい、そのまま最後まで終わらせてしまいました。途中、生え変わりの最中などは毎月調整はしませんでした。下の歯はちょっとだけガタガタを治し、治療期間も伸びてきてしまいご本人はもう終わりたいと、またご家族も十分ですと仰って頂けたので、下顎前歯が少し曲がっていますが、終了しました。でもこうして写真で見ると、やはりまっすぐ治しておかないと気持ち悪いのは矯正医の性でしょうか。

子供の受け口の治療例(10代男子・治療期間6ヶ月)

治療例

年齢・性別 10代・男子
治療期間 6ヶ月
治療費(税別) 25万円

片側の前歯反対咬合で来院。骨格性の反対咬合は当時は否定されました。しかし 下の前歯が押されて唇側に出てくるのも心配です。下の中心の前歯2本だけ長くなっているのは、そこに骨がなく、歯茎もないからです。ワイヤーを永久歯と第1大臼歯にのみつけ、治療しました。その後は何もせず経過観察のみでしたが、永久歯のII期治療をしなくても、こんなに、治療後のように綺麗に並び、そしてかみ合わせもバッチリになりました。治療費は最初の25万円のみです。ちょっと歯茎は腫れ気味ですね。

その他の長尾院長が行った「子供の反対咬合」の矯正治療例はこちらから >>

具体的な小児の反対咬合と治療法についての解説

反対咬合の状態

反対咬合は上の歯が下の歯より後ろにある状態で、受け口とも呼ばれ、審美障害、機能障害を伴う。乳歯、永久歯ともアジア人によく見受けられる不正咬合である。前歯の反対咬合は、下顎の成長が始まる前に治療をしておかないと骨格性の反対咬合に移行する事がある。また遺伝もし、親族に反対咬合の方がいると、発車卯するリスクも高くなる。また下顎の成長が始まる前に治療をしたとしても、後々、再発するリスクもある。そのため最終的な治療は成長発育が終了した頃が望ましいと思われる。

反対咬合の種類

歯性の反対咬合

前歯のみの反対咬合で奥歯や骨格的には異常は見られない。しかしながら小児期で成長発育が残っている場合には注意深く経過観察する必要がある。

骨格性の反対咬合

下顎が上顎より前方に出ている場合と、下顎の位置は正常だが、上顎の成長が少ない場合、上記2つのコンビネーションの3種類がある。

反対咬合の治療方法、治療期間、メリット、デメリット

歯性反対咬合の治療方法と治療期間

小児期の場合、様々な取り外し式の装置か、ワイヤー矯正で上の前歯を前に出す。後戻りを見込んで少し多めに出す事もある。治療期間は半年から1年程度がほとんどで、それ以下で治る事も多い。歯性の場合、後戻りは少ないが、後に骨格性の成長が現れると顎ごと上下入れ替わってしまう事もある。

歯性反対咬合の治療のメリットとデメリット

メリット:骨格性の反対咬合を防ぐ事ができる可能性がある。
デメリット:矯正治療を10歳くらいまでに介入させないと、治す事が難しい。自然に治ることはまれである。また治った後の成長にも気をつけなくてはいけないので、長期の経過観察が必要になる事もある。

骨格性反対咬合の治療方法と治療期間

小児期に大きい骨格性反対咬合の値がでた時は、私は治療をその時点ではしない事が多い。第2次成長の成長発育では下顎の成長が優位になるので、歯のみの治療では治す事が難しいためである。成長発育の終了を待ってから、手術になる。2年程度、術前矯正と手術、術後矯正にかかる事が多い。

骨格性反対咬合の治療のメリットとデメリット

メリット:無理してカモフラージュ治療を行うよりきれいに治る。治療費が健康保険適用になるので、比較的抑えられる。

デメリット:手術できるようになるまで、審美的、機能的な影響が出る事がある。

新橋・虎ノ門で子供の反対咬合の治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

子供の反対咬合の治療

BOSTON矯正歯科では、矯正歯科認定医が子供の反対咬合の治療を担当致します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、新橋・虎ノ門の矯正歯科で子供の反対咬合の治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメール相談(写メ相談)をお送りください。子供の反対咬合の治療実績豊富な矯正歯科医が、どのように治すのか、子供の反対咬合の治療の治療費はどのくらいかかるのか、子供の反対咬合の治療の治療期間短縮の可能性も含め、詳しく無料カウンセリング致します。お気軽にご相談ください。

トップへ戻る