インビザライン解説!インビザライン治療・痛みは?編|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

インビザライン解説!インビザライン治療・痛みは?編

このページの目次

インビザライン矯正治療徹底解説!「インビザライン治療・痛みは?編」

引っ越しなどでインビザライン治療に通えなくなった場合、転院などは可能ですか?

はい。可能です。インビザライン社には転医できるシステムがありますので、転医申込書に私のサイン、患者様のサイン、転医先ドクターのサインがあれば転院できます。 そのような場合もインビザラインの技工費を除いて、治療の進み具合に応じ治療費をお返しします。転院先のドクターのところでも、費用はかかると思われますので費用は一般的な費用より高額になる可能性が高いと思われます。

親知らずや虫歯などの治療を同時に行うことはできますか?

親知らずは抜歯であれば問題ありません。あまりないとは思うのですが、親知らずの大きい虫歯治療だと同時にはできません。また虫歯治療もほんの初期の小さい虫歯であれば問題はないですが、大きい虫歯は先に治しておいて頂かなければなりません。ですからボストン矯正歯科では無料相談時に歯全体を診るパノラマレントゲンを無料でお撮りし、費用の発生する精密検査に移る前に悪いところはすべて治してから矯正スタートになります。

八重歯やすきっ歯でもインビザライン治療が可能ですか?

もちろんです。インビザラインは歯を後方に動かすのが得意なので、八重歯の後ろの歯を順々に後ろに動かし、八重歯が入るスペースを確保してあげます。それでも足りない場合は、0.5mm以内で歯と歯の間を削合したり、歯列を少し広げてあげると(ほんの数ミリで、これでお顔が大きく見えることはありません)、スペースの確保につながり、抜歯をせず八重歯を治すことができます。 すきっ歯はインビザラインの最も得意とする動きです。しかし咬み合わせをきちんとみて動かさないといけないので、ただ単にすき間を閉じるだけではなく、前後的な動き、垂直的な動きも組み合わせて治していきます。

インビザラインでは歯を抜く必要がないのですか?

抜歯の必要性があるかどうかは、症例によって変わりますので、「インビザラインでは歯を抜く必要がない」とは言い切れません。ただ、出来る限り歯を抜かない努力はさせていただきます。その際、IPRと呼ばれる歯の側面を少し削る処置を施すこともあります。

顎関節症でも問題なくインビザライン治療が受けられますか?

顎関節症の程度と、歯をどのくらい動かさないといけないか、によります。一般的にインビザラインはワイヤーによる矯正よりも顎関節症にはなりにくいと言われています。 顎関節症の90%程度は筋肉の痛みが原因です。この筋肉の痛みはお風呂でのマッサージや大きく口を開けない、硬いものを食べないなどで2週間から1ヵ月程度で改善することがほどんどです。それでも改善しないその他の10%の方は顎関節そのものや、まわりの関節円板に問題がある可能性があるので、大学病院などへご紹介することになります。

インビザライン治療中は痛みを伴いますか?

痛みはワイヤー矯正よりも軽いです。ほとんどの皆さんが、新しいマウスピースに替えて2日から3日はきつい感じがするとおっしゃいます。私の患者さんでは全体で3%くらいの方が痛みがあるとおっしゃいます。

インビザライン矯正治療はどのくらいの痛みですか?

きつい感じが2日から3日と仰る方がほとんどです。痛みで何もできない、痛み止めを飲んだという患者様は未だ、私はお会いしたことはありません。

インビザライン治療におけるリテーナーは痛みを伴いますか?

リテーナーは痛みはありません。リテーナーはインビザラインと違い、歯を動かすものではなく、今のいい歯の状態を維持しておく装置なので、痛みは伴いません。しかしりてーなーの装着を怠ると、リテーナーが入らなくなったりきつくなり、痛みが出ることもあります。

インビザライン治療中、食事は制限されますか?

治療中、食事は制限されますか?

食事はマウスピースを外しても問題ないですか?

はい。お食事中、歯磨き、お水以外の飲み物を飲まれるときは外してください。そしてよく咬んで召しあがってください。咬むことによりお口の中の血流が盛んになり、歯が良く動きます。またマウスピースを装着することにより、マウスピースの歯を動かす力が良く働きます。片側だけで召しあがらず、両方の歯を使って召しあがってください。 すると顎関節症のリスクも減りますし、両側の歯が同時に動いてくれます。

マウスピースをつける時間は一日何時間ぐらいですか?

1日20時間程度が理想です。朝食、昼食に1時間、夕食に2時間外すとか、夕食が外食されるときは、朝食、昼食を30分にして、夕食を3時間にするなど装着時間も工夫ができます。

就寝中、マウスピースはつけますか?

矯正医の特別な指示がない限り、就寝中は必ず装着してください。就寝中は成長ホルモンが分泌され、歯もよく動きます。お酒を飲まれて帰られ、へべれけになられていても歯ブラシとマウスピースは忘れないでください。

インビザラインの治療中、ホワイトニング治療も同時にできますか?

できなくはありませんが、アタッチメントをつけるためその部分だけホワイトニング剤が入りにくく、あまりおススメではありません。インビザラインが終了してからがお勧めです。

インビザライン治療の通院頻度はどのくらいですか?

スタートして3か月から4か月程度は毎月1回来院して頂きます。まじめに装着して頂けている患者様はその後は2か月から3か月に1回、ちょっと危ない不真面目な患者様は毎月来院をお願いしております。

インビザライン治療を初めて終了までに通院する回数は何回ですか?

個人差があるので何とも言えないです。例えばマウスピースの個数が14個のライトタイプのインビザラインでしたら、10日に1つマウスピースを交換するとして、14個×10日で140日、4か月半でうまくいけば終了です。ライトの方は14個でしっかり治療終了したいので毎月来院をお願いしております。無料相談、精密検査、矯正スタートから4回または5回なので合計6回から7回程度と思われます。

用事で数か月通院できない場合はどうしたらいいですか?

おおよそ7日から10日で交換しているマウスピースを2週間で1つの交換にしてもらいます。なるべく長期間装着して頂くことで、ずれていくことを最小限に留めます。ですがあまり長い期間ですと、やはり再型どり/再スキャンが必要になることが多くなります。

金属アレルギーでもインビザライン治療できますか?

はい。できます。マウスピースには金属は含まれていません。不適合が出てきた時も金属の含まれていない装置やゴム(エラスティック)で矯正専門医の腕を生かして治していきます。

マウスピースをつけている間は話したりできますか?

はい。最初は慣れずに話しづらいと仰る方もいらっしゃいますが、3日から4日程度で慣れて、普通にお話しできる方がほとんどです。多くの方は最初、装着した時から、普通にお話しされています。

インビザライン治療で痛みがある場合、ロキソニン等の鎮痛剤は処方して頂けますか?

はい。処方いたします。痛みはそれほど強くはないことがほとんどなので、ロキソニンなどの強いタイプの鎮痛剤より、ドラッグストアなどで購入できる胃に優しい鎮痛剤のほうをおススメしています。インビザラインでロキソニンが必要なほどの痛みが出ることは考えづらいので、他の虫歯や神経の膿、歯周病などを考えにいれたほうがいいと思われます。

マウスピース装着時に飲み物の制限はありますか?

はい。装着したまま飲んでいいものはお水のみです。コーヒー、紅茶、麦茶などはお砂糖が入ってなくても着色の原因になります。お砂糖の入っているものは虫歯になります。スポーツドリンクやジュース、あと無糖と書いてあっても代替甘味料が入っている場合があるのでお気を付けください。お水以外を飲むときはマウスピースを外してください。できれば歯磨きまたはうがいしてから再装着してください。

インビザライン治療中、タバコは吸えますか?

装着したままでは吸えません。外してなら大丈夫です。タバコを吸うと歯ぐきへの血流が少なくなり、歯の移動が遅くなります。健康にも百害あって一利なしなので、矯正中に禁煙することをお勧めします。

マウスピースを無くしてしまった、または壊してしまった場合はどうなりますか?

マウスピースは1か月分3個または2か月分6個程度に、交換する日を書いてお渡ししています。マウスピースを無くしてしまった、壊してしまったら、交換日の近いほうを長期間お使いください。無くされたマウスピースが受け取った最後のものだったならば 1つ前のものに戻ってください。重要なことは使用中のマウスピースの前のものも1つは保管しておいて頂くことです(次のマウスピースを捨てることはないと思われます)。

マウスピースのお手入れ方法は?

インビザライン社の取扱説明書には、毎食後、柔らかい歯ブラシに歯磨き粉を少しつけて内側と外側両方磨いてください、と書いてありますが、歯磨き粉には研磨剤が入っているものが多く、マウスピースに小さな傷がつく恐れがあり、その小さな傷に細菌が繁殖する可能性があるので、私はあまりおススメしていません。柔らかい歯ブラシで磨くだけか、ドラッグストアに泡のフォームでマウスピース用のポリデントも売られています。インビザライン社からポリデントのようなクリーニング用タブレットが売られていますがわりとお値段が高いです。取扱説明書には市販のポリデントなどを使うとマウスピースの透明性が損なわれると書かれていますが、私の患者さんで自己責任で市販のポリデントを使っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいますが、マウスピースに変化はみられません。洗う時には熱いお湯は使わないでください。変形することがあります。

インビザライン治療の通院時の治療所要時間はどれくらいですか?

初回相談は45分から60分、精密検査に60分、アタッチメントをつける時に60分から90分です。その後、スタートしてしまえば、1ヵ月ないし2か月に1回、15分から30分程度です。

その他のインビザライン矯正治療解説テーマリスト

トップへ戻る