審美ブラケット矯正|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

審美ブラケット矯正

次世代の審美ブラケット矯正装置、マニューバー

審美ブラケット矯正装置

MANEWVER(マニューバー)は昭和大学歯学部歯科矯正学講座教授の槇先生によって開発された次世代のブラケットです。MANEWVER(マニューバー)は今までにないような構造であらゆる側面で優良なブラケット装置といわれています。どのような面で優れているのかご説明します。

マニューバーは通常のワイヤー矯正より治療期間短縮に!

治療期間短縮マニューバーの最大の特徴は、ワイヤーを通すためのスロットが3つあることです。通常のブラケットには1つのスロットしか存在しません。

また、すべてチューブ状になっていることから、ワイヤーを結紮する必要がなく、それに加えて自然な形での歯の移動をさせる効果が最大限にまで高まります。その結果、ブラケットとワイヤーの摩擦が減少し、歯の移動も大幅にスピードアップすることが期待されます。

マニューバーは痛みが少ない!

痛みが少ないブラケットとワイヤーの間での摩擦が減ることで少ない力で歯を動かすことができるようになるため、必然的に歯にかかる圧力も少なくなり、症例にもよりますが、従来のメタルブラケット矯正よりも痛みが半分になったことが確認されたというデータも発表されています。

そもそも歯は強い力より弱い力を断続的にかけることでより大きく動くことがわかっていますから、その意味でも最適なブラケット構造をしています。

歯と同じ色だから目立ちづらい!

目立ちづらい通常のブラケット装置は金属でできていますが、MANEWVER(マニューバー)はジルコニアでできています。

歯と同じ白色の装置で金属ではないため、目立ちづらく審美性に優れたブラケットです。また金属ではないため、金属アレルギーの心配もなくアレルギー体質の方も気にせず使用していただくことができます。審美性、親和性ともに優れた装置といえます。

装置が薄い!

装置が薄いマニューバーは一般的なブラケットと比較して約2/3の薄さとなっております。薄いと壊れやすいと思われるかもしれませんが、人工ダイヤモンドであるジルコニア製ですので、非常に壊れづらいです。

その強度ゆえ、極限にまで薄さを追求できた装置とも言えます。歯の表面に厚いものが張り付くのと薄いものが張り付くのではまったく快適さが違います。また、デコボコ状ではないので、口内炎のできる確率も非常に少ない装置といえます。

インビザラインと併用することで発揮されるその優れた機能

インビザラインと併用

インビザラインはマウスピース矯正として今最も人気な矯正装置です。当院でもファーストチョイスとしてご案内しておりますが、実際のところ、インビザラインでのみ完璧に治せるという症例ばかりではありません。インビザラインも苦手な症例がありますし、予期せぬ歯列になる場合があります。そんな時にはマニューバーが大活躍します。

インビザラインのスピードアップにマニューバー

インビザラインはワイヤー矯正に比べて治療期間が若干長くなりなりがちです。事実、症例にもよりますが、インビザラインで3年の治療期間ならワイヤーですと1年半~2年でだいたいのケースは終わるでしょう。そこでマニューバーの登場です。

インビザラインの治療の前にマニューバーを数ヶ月~半年装着していただき、そこからインビザラインを始めるコンビネーション矯正を行うとグッと治療期間を短縮することができます。

インビザラインのリカバリーにマニューバー

インビザライン治療ではまれに予期せぬ歯列状態になってしまう場合もあります。俗にいう近心傾斜(前側に倒れること)や傾斜と捻転を起こしている歯などになると、もうインビザラインだけでは治りません。しかし、だからと言って途中からワイヤーをお口全体につけるのはイヤですよね。しかしマニューバーなら、マウスピースを頬側の側面を切り取り、必要な部分にだけマニューバーを取り付け該当の歯列を治しながら、インビザライン治療を継続することができます。

つまり、インビザラインをしながら部分矯正をマニューバーで並行して行うイメージです。インビザライン治療のリカバリーに最適な装置といえます。

マニューバー(MANEWVER)矯正のメリット

  • 歯質に似た色なので目立ちにくい
  • インビザラインと併せて使える
  • 表面が滑らかなので汚れにくく異物感も少ない
  • 耐久性が高く壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

全ての症例に適応できる

治療期間中の審美性を最重要視するのであれば、透明なマウスピースがベストな選択といえます。けれども、マウスピース矯正は適応できる症例が限られるため、万能とはいえません。とはいえ、一般的な表側矯正では、ブラケットやワイヤーが目立ちすぎるため、抵抗が強い方も沢山いらっしゃいます。そこでおすすめなのが審美ブラケットです。マニューバーであれば全ての症例に適応できますし、審美性も比較的高くなっております。

港区新橋・虎ノ門の目立たないワイヤー矯正

目立たないワイヤー矯正

港区新橋・虎ノ門界隈で審美性の高いワイヤー矯正をお探しなら、当医院までご連絡ください。当医院では審美ブラケットを使った目立たないワイヤー矯正をご提供しておりますので、興味のある方はお気軽にお問合せください。

トップへ戻る