目立たない矯正治療法|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

目立たない矯正治療法

透明な装置で目立たない歯列矯正を実現

目立たない歯列矯正

当医院では、矯正期間中の審美性に配慮した歯列矯正をおすすめしております。透明なマウスピースを用いたインビザラインであれば、装置が目立ちにくいため、矯正治療を受けていることに気づかれません。あるいは、歯列の裏側に矯正装置を設置するリンガルアーチも、ワイヤーなどのパーツが口腔外に露出していないため、目立ちにくい歯列矯正を実施することが可能となっております。矯正期間中に患者さまが受けるストレスを少しでも軽減できればという思いから、そうした目立ちにくい矯正法をおすすめしております。

当医院が採用している矯正装置

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正ワイヤーを使わず、自分で取り外し可能なプラスチック製の透明なマウスピース型矯正装置です。食事の時と歯みがきの時は外し、その他の時間は装着していただきます。1日約20時間以上推奨。痛くない、見立たない、いつでも取り外すことができると大変好評な矯正歯科装置で、ワイヤーと比べると患者様としてはデメリットがほぼないと思われます。しかし、マウスピース矯正だけでは治らないケースや、治療期間がワイヤー矯正と比べて長くなってしまうケースがあります。その様な場合は下記のマニューバー装置を組み合わせてコンビネーション矯正治療を行います。

マウスピース矯正(インビザライン)ページをみる

審美ブラケット装置(MANEWVER)

審美ブラケット装置MANEWVER(マニューバー)はブラケット装置なのですが、歯と同じ色、薄い、壊れにくい、ワイヤーとの摩擦が少なく歯が動きやすい、将来インビザラインのアタッチメントとして使用することもできるという、マウスピース矯正と相性ピッタリのブラケット装置です。当院では、マウスピース矯正の補助装置として主に使用します。どういうことかと申しますと、重度の不正咬合でインビザラインによる治療の難易度が高いと判断した場合は、最初の数か月~半年間程、マニューバーで治療のスピードアップを行い、その後インビザラインにより、より細かい矯正治療に移行することで確実かつ治療期間の短縮ができる可能性があるのです。

審美ブラケット装置(MANEWVER)ページをみる

トップへ戻る