八重歯・叢生の治療例(30代女性・治療期間2年4ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

八重歯・叢生の治療例(30代女性・治療期間2年4ヶ月)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 30代・女性
治療期間 2年4ヶ月
抜歯
治療費(税別) 85万円
備考

重度の叢生(ガタガタ)と前歯の出っ張りを気にしてのご来院。下の前歯は4本あるところ、3本しかないのですが1本前に飛び出していました。上下左右の第1小臼歯合計4本抜歯して治療。上下の正中が揃っていないのは、下の前歯が3本しかないからです。このようなひどい叢生は虫歯だけではなく、歯ブラシしづらく歯周病にもかかりやすく、そして歯が将来的に失われていくのです。正しい歯磨きだけが歯を失うことを阻む唯一の手段です。どんなに高級な歯磨き粉や塗り薬も、歯を正常に保つ力はないのです。治療前後のお写真をご本人にお見せして、綺麗になりましたね、と話しかけたのですが、「そんなに変わってないじゃない」と言われ、少し涙。すごく綺麗になられましたよーーと叫びたかったです。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療ページはこちら

トップへ戻る