子供の八重歯・叢生の矯正治療例(10代女子・治療期間2年8ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

子供の八重歯・叢生の矯正治療例(10代女子・治療期間2年8ヶ月)

子供の八重歯・叢生の矯正治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 10代・女子
治療期間 2年8ヶ月
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

重度叢生、4小臼歯を抜歯しワイヤー矯正で治しました。彼女の一番の問題点は歯ではなく、協力性にありました。往々にしてあることですが、親御さんはお子様の歯並びにとても気をくばる現代になったと思います。もちろんこのような歯並びでは虫歯のリスクも上がるでしょうし、女の子で学校でいじめなどに合うかもしれないと思っての矯正相談でしたが、当の本人は全然矯正なんてやりたくない、歯を抜くなんてとんでもない、それでも最後は虫歯のリスクをしっかり説明してスタートしました。矯正治療にしても、ダイエットにしても、糖尿病の治療にしても自分が治そう、治療に参加しようという気がないとなかなか治りません。ここまで来るのにかなり手こずりました。そして現在20歳の彼女は後戻り防止装置などするはずもなく、大きく後戻りをしてしまいました。現在お仕事を始めたばかりで忙しく来院が難しいですが、後戻り防止装置を今後最低5年は夜間すると約束すれば、数万円で再治療をしてあげようと思っています。また後戻りしたら、お給料からお代を頂くことにして。

子供の八重歯・叢生の矯正治療ページはこちら

トップへ戻る