部分矯正(プチ矯正)治療例(40代女性・治療期間3年4ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

部分矯正(プチ矯正)治療例(40代女性・治療期間3年4ヶ月)

部分矯正(プチ矯正)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 40代・女性
治療期間 3年4ヶ月
抜歯
治療費(税別) 40万円
備考

部分矯正の症例です。写真の向かって右側のみ上下の治療を行いました。下の第1大臼歯(金属のクラウンのものです)が、中で根っこが折れてしまい、抜歯になりました。当初、インプラントをする予定だったのですが、手前の歯も頬側に向いていて、上の犬歯も八重歯状態だったので時間がかかってもいいから矯正ということになりました。上は大切な犬歯は抜かず第1小臼歯を抜歯、下は捻転していて頬側に位置する第2小臼歯を歯列内に入れる、ほぼ90度回転させるのは大仕事です。そして大きな第1大臼歯のスペースを第2大臼歯、第3大臼歯(親知らず)も前方に動かして閉じました。下顎は骨も硬く、大臼歯も根っこがしっかりしているので時間はかかりますが、治療自体は90度捻転の第2小臼歯の方が大変でした。上顎の犬歯の移動はそれに比べたら簡単な部類です。

部分矯正(プチ矯正)の治療ページはこちら

トップへ戻る