八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間2年1ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間2年1ヶ月)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 20代・女性
治療期間 2年1ヶ月
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

重度叢生(ガタガタ)。虫歯多数。すみません、治療装置をとった写真を撮り忘れてしまい、他院の先生からのご紹介だったので、その後も写真を撮れずじまいでした。治療計画としては上顎は重度の虫歯が右上第2小臼歯と左上第1小臼歯にあり、そちらを抜歯しました。下顎は左右とも第1小臼歯を抜歯しました。左右違う場所の歯を抜歯しての治療はお顔の真ん中と歯の真ん中を合わせるのが難しくなり、私はあまりやりたくないのですが、健康な歯を残さないと意味がないですから、抜歯部位はこのような場合、痛んでいる歯を抜くのが原則です。このようなガタガタの患者さんは矯正前後の違いがわかりやすいので、患者さんのモチベーションも上がり、ご満足頂ける結果が得られることが多いので好きです。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療ページはこちら

トップへ戻る