その他(歯の先天欠損)矯正治療例(10代男子・治療期間2年半)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

その他(歯の先天欠損)矯正治療例(10代男子・治療期間2年半)

その他(歯の先天欠損)矯正治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 10代・男子
治療期間 2年半
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

真ん中から数えて5番目の第2小臼歯が3本先天的に欠損していました。かみ合わせの問題もあり、また2本残っている乳歯の根っこもとても将来的に持ちそうにないほど、短くなってきていたので、残存乳歯2本と、なぜか1本だけあった第2小臼歯を抜歯しました。このように先天的に永久歯が欠損している人は、ボストンにいるときに読んだ文献ですのでちょっと古いですが、人口の約10%程度だそうです。しかし日本に帰国してもっと多いのではないかと感じています。先天的に欠損している歯で多いのは、親知らず、下の前歯、上の2番目の前歯、第2小臼歯です。また家族性、遺伝しているとも思われます。残存していた乳歯の幅が大きかったので、治療期間が思ったよりかかりました。

トップへ戻る