矮小歯と空隙歯列と1歯反対咬合の矯正治療|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

矮小歯と空隙歯列と1歯反対咬合の矯正治療

矮小歯と空隙歯列と1歯反対咬合の矯正治療と解説

治療例

年齢・性別 10代・女子
治療期間 9か月
抜歯
治療費(税別) 3000ドル
備考

こちらもボストン大学時代の症例です。上の2番が両側で小さいです。このような歯のことを矮小歯(わいしょうし)といいます。このためスペースがそこかしこに残存しています。右上(写真では左側)の2番は反対咬合になっています。下の写真は矯正治療が終わり、まず上の1番の形態を整え、2番も少し大きくした写真です。 アメリカの歯科治療は自分で買う保険で賄わなくてはならないため、2番をもう少し大きくしてスペースが見えなくなる治療をするのはその年の保険では足りなかったため、来年に持ち越しになってしまったそうです。

トップへ戻る