子供の八重歯・叢生の矯正治療例(10代男子・治療期間2年3ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

子供の八重歯・叢生の矯正治療例(10代男子・治療期間2年3ヶ月)

子供の八重歯・叢生の矯正治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 10代・男子
治療期間 2年3ヶ月
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

前歯のガタガタを主訴に来院。どうしても抜歯をしたくないとのことで、最初、取り外し式の装置で奥歯をさらに奥に移動させました。その後ワイヤーによる矯正に移行しました。この手法だと一番奥歯から手をつけていくのでなかなか前歯の歯並びにたどり着くのに時間がかかるため、ご家族様には「前歯まで本当に綺麗になるんですか?」とちょっとご心配をおかけしたと思います。ちゃんと綺麗になりました。ご家族も患者さんも最後にはご満足されました。たまに矯正専門医でない先生が、歯を奥に移動させ前歯をきれいに並べるということを、乳歯の残っているうちにやってらっしゃるのを拝見します。矯正専門医の懸念事項としては2つ。1つはもちろんかみ合わせをわかってやっておられるのか、もう1つは12歳頃に生えてくる6歳臼歯のさらに奥の第2大臼歯の生えるスペースや向きを考えてるのかということです。第1大臼歯を奥に動かすので、現代っ子の小さなお顔とお口には第2大臼歯が生えるスペースがなく、埋まったままだったり、ほっぺた側にずれて生えてきたりします。保護者の方もそんな奥までは見えないので、そのままです。ほっぺた側に当たって痛いときのみ、矯正医のところにいらっしゃいます。きちんと全部の歯を、かみ合わせの知識を持って治療していただきたい。「今、治療しないと治りませんよ」という言葉は矯正治療では、ほぼデタラメだと思ってください。私は自分の矯正治療を30歳スタートでしたし、ワイヤー矯正で最高齢の方は昭和16年生まれの男性でした。インビザラインでの最高齢は昭和19年生まれの女性です。いくつになっても健康な歯と歯周組織があれば矯正治療は出来るのです。

子供の八重歯・叢生の矯正治療ページはこちら

トップへ戻る