子供の受け口の治療例(10代男子・治療期間6ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

8月より診療時間が変わります

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

子供の受け口の治療例(10代男子・治療期間6ヶ月)

子供の反対咬合の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 10代・男子
治療期間 6ヶ月
抜歯
治療費(税別) 25万円
リスク等 ・症例によっては歯を削ったり、抜いたりする場合がある
・歯の移動による痛みや違和感を感じることがある
・保定装置を使用しないと歯が後戻りする場合がある

片側の前歯反対咬合で来院。骨格性の反対咬合は当時は否定されました。しかし 下の前歯が押されて唇側に出てくるのも心配です。下の中心の前歯2本だけ長くなっているのは、そこに骨がなく、歯茎もないからです。ワイヤーを永久歯と第1大臼歯にのみつけ、治療しました。その後は何もせず経過観察のみでしたが、永久歯のII期治療をしなくても、こんなに、治療後のように綺麗に並び、そしてかみ合わせもバッチリになりました。治療費は最初の25万円のみです。ちょっと歯茎は腫れ気味ですね。

子供の反対咬合の治療ページはこちら

トップへ戻る