八重歯・叢生の治療例(10代女性・治療期間1年5ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

八重歯・叢生の治療例(10代女性・治療期間1年5ヶ月)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 10代・女性
治療期間 1年5ヶ月
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

八重歯が唇に当たる、口元が出っ張っているとの主訴で来院。4本第1小臼歯を抜歯してワイヤー治療しました。とても真面目に治療に協力してくださるお嬢さんだったので、治療期間1年5ヶ月、当時の私の4小臼歯抜歯における最速記録でした。早く終われば良い訳ではもちろんありません。美しく、安定したかみ合わせが得られてなければ何もなりません。しかし長期間の矯正治療には、またリスクが多く付きまといます。ワイヤー矯正ですと虫歯、歯周病、根っこの吸収(短くなる現象)、ワイヤーによる思わぬお口の中の怪我、毎月の調整後の痛み、顎関節症のリスク、歯科医師への不信感などなど。ですから期間は短い方がよく、もちろん美しく機能的にも優れていなければなりません。それには患者さんであるあなたの、協力は不可欠なのです。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療ページはこちら

トップへ戻る