八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間2年5ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間2年5ヶ月)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 20代・女性
治療期間 2年5ヶ月
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

前歯のガタガタと出っ張り感を主訴に来院。最近の若いお嬢さんはお顔の小さい方が多く(私と違い、涙)歯のサイズはそのままか、少しずつ大きくなっているという報告もありますので、さすがに顎が狭すぎて入りません。第1小臼歯を4本抜歯してワイヤーで矯正しました。非抜歯治療というのを謳っている先生もいらっしゃいますが、口元の出っ張り感をすっきりさせるにはやはり抜歯が必要な時もあると思います。ちなみに私も4本小臼歯を抜歯して30歳から2年1ヶ月ワイヤー治療しました。治療前には閉じ難かった口が今では楽に閉じられます。もちろん必要のない抜歯は厳に慎むべきですが、そこらへんは女心というか、きれいになりたい、抜歯してでもという気持ちを男性の先生は理解してくださっているのでしょうか?(ちょっと性差別というわけでもないのですが)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療ページはこちら

トップへ戻る