開咬(前歯が開く)の治療例(50代女性・治療期間2年4ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

開咬(前歯が開く)の治療例(50代女性・治療期間2年4ヶ月)

開咬(前歯が開く)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 50代・女性
治療期間 2年4ヶ月
抜歯
治療費(税別) 95万円
備考

前歯で物がかめない、と来院。下顎の左右第1大臼歯(銀歯が被っている部分)は神経の治療がひどくて予後不良と思われ、また咬むと痛むとのことで抜歯しました。上顎にミニインプラントをアンカーとして左右に合計4本埋入し、出っ張っている上顎奥歯をゴムの力で上に引き上げました。これを圧下(あっか)と言います。大臼歯の圧下はミニインプラントが出るまで非常に困難でした。上の奥歯を圧下することで、相対的に前歯が下がってきます。圧下の説明をすると、皆さん、歯が歯茎にめり込むのですか?ときかれますが、骨と歯茎と同時に動くのでめり込みはしません。今は物が前歯で咬めると嬉しそうに話してらっしゃいました。また治療途中に数回虫歯が見つかりましたが、毎月、矯正調整があるので小さいうちに治せました。

開咬(前歯が開く)の治療ページはこちら

トップへ戻る