八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間3年1ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間3年1ヶ月)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 20代・女性
治療期間 3年1ヶ月
抜歯
治療費(税別) 90万円
備考

重度叢生、出っ歯感もあり、ずっとコンプレックスだったと来院。もう10年前位の症例ですが、帰国して初めて初回相談の際に治療計画がすぐに出てこなかった唯一のケースです。ですから一番初めに出させて頂きました。考えた末に出した計画は、小臼歯は上下左右4本抜歯、親知らずも残っていた3本抜歯、ミニインプラントを使い上下歯ともに歯を奥に移動してスペースを得、かつ出っ歯感も解消させる、というものでした。彼女は矯正前に7本の抜歯をしたことになります。また私が治療を行った患者さんの中で一番の痛がりでもあり、困難な治療、まさに難症例でしたが、患者さんは綺麗になられ、未だにチェックや歯のメンテナンスに通っていただいています。ミニインプラントという絶対的な固定源がなければ、ヘッドギア(よくディズニーのアニメで出てくる)などを使い、ヘッドギアが好きではない私はもっと治療期間が長引いていたと思います。  

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療ページはこちら

トップへ戻る