過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療例(30代女性・治療期間2年7ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療例(30代女性・治療期間2年7ヶ月)

過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 30代・女性
治療期間 2年7ヶ月
抜歯
治療費(税別) 85万円
備考

なかなかの難症例です。初診時は下の前歯は何にも見えません。ちなみに下の前歯は1歯先天欠損で4本あるところ、3本しかありませんが、ガタガタになっていました。第1小臼歯4本抜歯して、かみ合わせを調節しながら上の歯から並べるまでが時間がかかりました。この深いかみ合わせだと下の歯に装置が付けられないからです。ですが下のガタガタはそれほどでもないので、あとはかみ合わせと上下の歯の真ん中を合わせられそうだったので、下の歯を1歯分←にずらしました。上の向かって左側の2番目、上顎側に入ってしまっている歯に装置をつけるまでと、ジャンプさせるのに、時間が一番かかりました。装置を付けるスペースがなかなか得られなかった、考えて、症例の雑誌など探して勉強になりました

過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療ページはこちら

トップへ戻る