インビザライン矯正治療例(20代女性・治療期間1年程度)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

インビザライン矯正治療例(20代女性・治療期間1年程度)

インビザライン矯正治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 20代・女性
治療期間 1年程度
抜歯
治療費(税別)
備考

私がボストン大学のレジデントだった時に治療したインビザラインの症例です。ですからもう14年くらい前のものです。彼女は下顎の前歯が1歯先天欠如で3本ですが、上顎の外を向いている左右2番目の歯が若干小さいので、かみ合わせも綺麗に治りました。アライナーの枚数は30枚前後だったはずで今より多いと思われます。当時はまだ日本にはインビザラインの支社はない時代です。またアライナーも今のものより硬くて、装着しにくく、外しにくくて大変なものでした。慣れないと爪などで、歯茎を傷つけてしまったりということもありました。インビザラインの症例も現在より限定され、このような少しの叢生などが主な治療対象でした。そう思うとインビザラインの進化はすごいと思います。下段の上の歯によく見ると歯と同じ色の出っ張りが出ています。これをアタッチメントといい、より歯を動かしやすく、マウスピースを把持しやすくするアイテムで、もちろん治療が終わったら綺麗に研磨致します。

インビザライン矯正治療ページはこちら

トップへ戻る