反対咬合(アゴが出る・下顎前突)(10代女子・治療期間3年9ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

反対咬合(アゴが出る・下顎前突)(10代女子・治療期間3年9ヶ月)

反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 10代・女子
治療期間 3年9ヶ月
抜歯
治療費(税別) 40万円
備考

虫歯も乳歯の頃から多く、少し骨格的な受け口でしたが、長期間の治療で何とかカモフラージュすることができました。私がボストンから帰国して初めての患者さんでした。あまり装置をつけたくないと、この状態でのリクエストでしたので最低限反対咬合を治療し、その後は後戻り防止装置のようなもので経過観察をし、最終的に少し下の前歯を直しました。骨格的な受け口も疑われる場合、まず前歯部の反対咬合を治し、その後は成長発育を待ちます。今回はカモフラージュできましたが、下顎の成長が大きくなってしまった場合は、成長発育が終わった後に手術と矯正になります。

反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の治療ページはこちら

トップへ戻る