反対咬合と叢生のある子どもの矯正治療例|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

8月より診療時間が変わります

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

反対咬合と叢生のある子どもの矯正治療例

反対咬合と叢生のある子どもの矯正治療例と解説

治療例

年齢・性別 10代・男性
治療期間 4本抜歯
抜歯 あり
治療費(税別) 2300ドル
リスク等 ・症例によっては歯を削ったり、抜いたりする場合がある
・歯の移動による痛みや違和感を感じることがある
・保定装置を使用しないと歯が後戻りする場合がある

こちらもボストン大学時代の症例です。少し骨格的な受け口(下顎前突)感がありますが早めに治療をすることに より最終的には受け口を感じさせなくなりました。咬み合わせの関係で上は5番、下は4番を左右とも抜歯しています。上の前歯の位置はそれほど変えず、下の前歯を抜歯した部分に向くよう後ろに移動させて治療しました。上の歯を5番を抜いた理由は、上の前歯が下ってほしくないということと、あとは上の2番、3番のスペース確保のためです。

反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の治療ページはこちら

トップへ戻る