過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療例(30代男性・治療期間1年11ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療例(30代男性・治療期間1年11ヶ月)

過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 30代・男性
治療期間 1年11ヶ月
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

重度の叢生(ガタガタ)、犬歯のがアーチからはみ出したりしてしまっています。下の前歯は何も見えません。治療方法としては上顎は第1小臼歯を左右で2本抜歯、下顎は前歯に神経が死んでしまっていて被せ物のある歯があったので、それを抜歯しました。今回は残念ながら上の歯の真ん中と下の歯の真ん中を合わせることが、奥歯の咬み合わせを重視した結果できませんでした。途中、隠れていた虫歯が見つかったりしても、出張先の院長に虫歯が大きくなる前に治してもらえるので、ワイヤー矯正はそばに一般歯科をしていただける先生がいらっしゃる状況が理想です。マウスピース矯正はご自身で取り外し可能なので問題ないのです。こういう重度の叢生の患者さんは嫌いじゃないです。治療前後で見ても綺麗にそしてちゃんと咬めるようになられたんだろうなと、やや自己満足に浸ったりしています

過蓋咬合(深い咬み合わせ)の治療ページはこちら

トップへ戻る