生まれながらにして4本の歯がない人の歯科矯正治療例|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

生まれながらにして4本の歯がない人の歯科矯正治療例

生まれながらにして4本の歯がない人の歯科矯正治療例と解説

治療例

年齢・性別 10代・女性
治療期間 3年1ヶ月
抜歯 なし
治療費(税別) 3000ドル
備考 4本の先天欠損

第2小臼歯(5番)4本の先天欠損(最初から存在しない)症例です。幸い7番はあったので咬む力などが足りないようなことは起こらないで済んでいると思われます。この症例で一番難しかったのは大臼歯を前に上下とも7mm程度移動させることです。大臼歯はただ前に引っ張ると倒れてくることが多いです。倒れてまた起こすと元の位置だったりします。また移動させてくる間に回転してしまったり、下の歯だと舌側に倒れてしまったりと、なかなかいうことを聞いてくれません。

少し上の歯の真ん中と下がずれているのが悔しいところです。このようにして、歯がなくても高いインプラントを4本入れずとも矯正治療でスペースを閉じてしまえば歯並びもよくなり、一生ご自身の歯で美味しく召し上がって頂ける、矯正治療は期間はかかりますが、この症例の場合インプラントよりいいことは写真をみればお判りいただけるのではないでしょうか。

子どもの矯正治療ページはこちら

トップへ戻る