子供の八重歯・叢生の矯正治療例(10代男子・治療期間1年8ヶ月)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

子供の八重歯・叢生の矯正治療例(10代男子・治療期間1年8ヶ月)

子供の八重歯・叢生の矯正治療例(Before&After)と解説

治療例

年齢・性別 10代・男子
治療期間 1年8ヶ月
抜歯
治療費(税別) 80万円
備考

右上(写真では左上ですが)の犬歯の位置異常と、それに伴い上の歯の真ん中が犬歯方向にずれてしまっています。こう言う場合、犬歯を歯列に入れたいので犬歯の奥の歯を抜きがちですが、すると上の歯の真ん中はもっと犬歯方向にずれてしまいます。なので反対の左側(写真では向かって右側です)第1小臼歯を抜歯して上の歯の真ん中を犬歯と逆側に動かし、お顔の真ん中に合わせました。もう少し犬歯の傾きを治したかったですね。上顎の犬歯は根っこが全歯の中で一番長いので、なかなか動かず、かみ合わせがうまくいっていたので虫歯のリスクなどを考えて、保護者の方のご了承を得て、終了しました。矯正治療では100点満点の治療は難しいです。後戻りもありますし、その他のリスクも考えると合格点と考えることも、時には必要です。

子供の八重歯・叢生の矯正治療ページはこちら

トップへ戻る