八重歯・叢生の歯科矯正治療例|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

八重歯・叢生の歯科矯正治療例

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間3年1ヶ月)

治療例

年齢・性別 20代・女性
治療期間 3年1ヶ月
治療費(税別) 90万円

重度叢生、出っ歯感もあり、ずっとコンプレックスだったと来院。もう10年前位の症例ですが、帰国して初めて初回相談の際に治療計画がすぐに出てこなかった唯一のケースです。ですから一番初めに出させて頂きました。考えた末に出した計画は、小臼歯は上下左右4本抜歯、親知らずも残っていた3本抜歯、ミニインプラントを使い上下歯ともに歯を奥に移動してスペースを得、かつ出っ歯感も解消させる、というものでした。彼女は矯正前に7本の抜歯をしたことになります。また私が治療を行った患者さんの中で一番の痛がりでもあり、困難な治療、まさに難症例でしたが、患者さんは綺麗になられ、未だにチェックや歯のメンテナンスに通っていただいています。ミニインプラントという絶対的な固定源がなければ、ヘッドギア(よくディズニーのアニメで出てくる)などを使い、ヘッドギアが好きではない私はもっと治療期間が長引いていたと思います。  

八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間2年1ヶ月)

治療例

年齢・性別 20代・女性
治療期間 2年1ヶ月
治療費(税別) 80万円

重度叢生(ガタガタ)。虫歯多数。すみません、治療装置をとった写真を撮り忘れてしまい、他院の先生からのご紹介だったので、その後も写真を撮れずじまいでした。治療計画としては上顎は重度の虫歯が右上第2小臼歯と左上第1小臼歯にあり、そちらを抜歯しました。下顎は左右とも第1小臼歯を抜歯しました。左右違う場所の歯を抜歯しての治療はお顔の真ん中と歯の真ん中を合わせるのが難しくなり、私はあまりやりたくないのですが、健康な歯を残さないと意味がないですから、抜歯部位はこのような場合、痛んでいる歯を抜くのが原則です。このようなガタガタの患者さんは矯正前後の違いがわかりやすいので、患者さんのモチベーションも上がり、ご満足頂ける結果が得られることが多いので好きです。

八重歯・叢生の治療例(20代女性・治療期間2年3ヶ月)

治療例

年齢・性別 20代・女性
治療期間 2年3ヶ月
治療費(税別) 80万円

前歯が斜めで歯がガタガタ、周りの友人はみんなきれいな歯並びを主訴で来院。小臼歯を上下左右4本抜歯してのワイヤー矯正でした。期間2年3ヶ月。リテーナー(矯正後につける後戻り防止のための取り外し式装置)を怠ったため、下顎の前歯が数週間で後戻りしてしまいました(涙)。上顎の前歯は神経が死んでいる部分があり、矯正終了後、クラウン(全体的な被せ物)に変える予定です。リテーナーは夜間就寝時だけで良いので必ずしてください。下段の写真は装置を取り外した後、少し経ってからのものですがもう下の前歯が元の状態に戻ろうとしています。私はちゃんと治したんですよ。治すのは2年ちょっとですが、それから維持していくのは一生、あなたです。私はもうお手伝いしか出来ないんです。

その他の長尾院長が行った「八重歯・叢生」の矯正治療例はこちらから >>

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)について矯正歯科専門医が解説

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)

はじめに、皆様が歯医者に行かれると、歯医者が右上2番がとか左下5番がとかいっているのを聞くと思います。これは歯式と言います。真ん中の歯から1番から親しらず8番まで上下32本、親知らずがないと28本、7番までです。 1、2番が前歯、3番が犬歯、糸切り歯です。4、5番が小臼歯、6番が第1大臼歯6歳臼歯と呼ばれる大きい歯です。7番が第2大臼歯で12歳臼歯とも呼ばれます。12歳前後ではえてくるからです。これからの解説はこの歯式で書いて行きます。 

叢生(そうせい)とは

叢生(そうせい)というのはデコボコした歯並びのことを指します。最近の若い方は軟食化傾向のせいか、はっきりしたことはわかりませんが、明らかにお顔の小さい方→お口の小さい方が増えていると思います。その中に今までのような大きなお顔の日本人と同じ本数、だいたい同じ幅の歯が全て綺麗に並ぶのは不可能です。スペースが足りないため綺麗に並べず、デコボコになってしまうことを叢生と言います。

八重歯とは

八重歯は叢生の一形態で、犬歯が歯列から飛び出ている状態のことで、正式には犬歯の低位唇側傾斜と言います。昭和の頃は可愛らしいと言われ、石野真子さんとかチャームポイントになっていましたが、そんな時代はもう終わりました。

現在ではドラキュラみたいとか、歯並びの悪い代表格になっていて多くの芸能人などが治していますよね。八重歯のできる機序は歯の生える順序に原因があります。上の歯は1番→6番→2番→4番→3番または5番→そして7番です。この時6番が下顎に比べて前方に位置するので出っ歯、及びスペース不足になり、遅く生えてくる大きな犬歯が八重歯になってしまいます。

叢生の種類

これはもちろん八重歯も含まれます。下の前歯が叢生で前後に重なったり、上の前歯が1本だけ前に出ていたり、上の2番が上顎の方に生えてしまい完全に歯列からはみ出てしまったり様々です。もちろん奥歯も隣り合わせた歯に段差があったり、歯が頬側に突き出していたり叢生はどの歯にも起こりえます。

叢生、八重歯になると起こりやすくなる症状

① まず虫歯が挙げられるでしょう

重なっているところは磨きにくいので、またはまったく歯磨きなどができないので虫歯になりやすくなるのは同然でしょう。歯科医院に行っても、重なっている部分の治療はできなかったり、できたとしても完全かどうかわからないこともあります。

② 歯周病にもなりやすい

虫歯になりやすいのと同様の理由で歯周病にもなりやすいです。汚れが取りきれず、歯だけではなく、歯の周りの組織まで破壊していきます。最初は歯肉炎と言って歯茎だけが腫れている状態ですが、歯周炎になると歯の周りの骨が溶かされていきます。

この状態が続くと、だんだん歯がグラグラしてきて(動揺)最終的には根ごと歯は抜けてしまいます。CMでグラグラしている歯茎に塗ったら治るとか、ぶよぶよ歯茎に塗ったら治る歯磨き粉など一時的なもので、全く効き目はありません。歯周病を治すにはきちんと歯が磨ける状態にして、プラークという原因物質を除去しなければ、絶対治らないのです。

③ 将来的に自身の歯が残りにくい

上記のような理由で、歯は根っこごとダメになり抜歯となります。根がないと差し歯はできません。インプラントと言う人工のチタン製歯根を埋め込むか、入れ歯になります。両隣の歯があればそれらを削ってない部分の歯の隣から反対側へ橋をかけるようにするブリッジという手法もありますが、叢生していると平行性がとれず神経の治療が必要になったり、外れやすくなったり、どちらかの残っている歯が負担過重になり、その歯まで悪くなることも考えられます。

④高齢者の八重歯

八重歯のあるおばあさん、おじいさんとお会いになったことがありますか?高齢な方はとてもきれいな歯並びをしてらっしゃる方が多いです。もしくは前歯も数本ない方など。きれいな歯並びをされている方の全てがそうとは限りませんが、多くは入れ歯、差し歯、インプラントだと思われます。

叢生、八重歯の治療方法

ガタガタ具合で下の歯が4mm以下程度でしたら永久歯を抜歯せず治せることが多いです。4〜8mmだと微妙です。抜歯が必要か、非抜歯で治せるかはかみ合わせや、横顔の突出具合、レントゲン写真、模型、などから総合的に判断して決めます。ガタガタ具合が8mm以上だと抜歯になることが多いと思われます。

非抜歯のみの治療

よく非抜歯で必ず治しますという矯正医院がありますが、私は全ての人には無理だと思われます。歯列全体を頬側に拡大し、奥側に移動し、それでも足りなければ歯を大幅に削っていく。歯列全体を拡大し過ぎれば頬側の骨が薄くなる可能性が出てきますし、また後戻りするリスクも増えます。

奥側への移動はマウスピース矯正においては適していますが、ワイヤー矯正ではミニインプラントなどのしっかりした固定が必要になってきます。そして喉がありますので奥側への移動も限度があります。歯を削るのも安全に削れるのは0.5mmまでと考えられています。ご自身の歯をよく見て、セカンドオピニオンも求めた方がいい時もあると思われます。

抜歯をして治療をする場合

抜歯をして治療する場合は、通常4番を抜歯します。かみ合わせを見て上だけ左右4番を2本抜歯、これは出っ歯の人で上の歯に叢生が多い人に多いパターンです。下の左右4番を2本抜歯、これは受け口で下の歯に叢生もある日パターン、上下左右4番抜歯というのは上下とも叢生がひどい、または出っ歯もあるパターン。

上は左右4番で、下は左右5番というのは上下とも叢生がひどく、かつ上だけ出っ歯、逆の上は左右5番、下は左右4番という方は上下叢生と受け口のパターンです。

抜歯の後は?

抜歯のスペースを利用して叢生を治していきます。抜歯のスペースは最終的には全て閉じます。また抜歯のスペースをどう利用してかみ合わせもしっかりしていくということが最も重要で、患者様ご自身の協力も必要となってくることがあります。協力していただけないと治療期間も延長しますし、出来上がりも素晴らしい状態にならないことが多いので、ぜひ矯正医にご協力願います。

叢生、八重歯の治療期間の目安

①非抜歯で叢生の度合いが4mm以下の場合

もちろんかみ合わせも考慮に入れなければならないですし、個人差もありますので一概には言えないのですが、半年から1年半程度でしょうか。これはワイヤー矯正でマウスピース矯正でもそれほど変わらないと思います。

②非抜歯で叢生の度合いが4から8mm程度の場合

この場合、叢生を改善するスペースを求めて奥へ歯を移動させたり、歯列を拡大したり、歯を削ったりなどするため時間がかかる場合が多いと思われます。
この場合はワイヤー矯正よりマウスピース矯正の方が早く終わることが多く、ワイヤー矯正だと2から2年半程度、マウスピース矯正だと1年半から2年程度と思われます。

③抜歯症例の場合

私が30歳の時に4番4本抜歯して治療をしていただいた時は、2年と1ヶ月でワイヤー矯正から解放されました。抜歯症例の場合はマウスピース矯正だと3年は覚悟していただいた方がいいと思われます。私の患者様で4番4本抜歯された方で、一番早く終わられたのは25歳の女性の方で1年3ヶ月、次が女子高校生で1年5ヶ月でした。お二人とも今でもとてもきれいな歯並びをされています。

④八重歯だけの治療期間

叢生が下顎にはあまりなく、上顎の八重歯だけの場合その横の4番を抜歯して、抜歯部位に八重歯である犬歯を持ってくる治療になります。その場合でもミニスクリューを使ったりして、1.5年から2.5年程度はかかるでしょうか。

3番(犬歯)はとても大切な歯で、かみ合わせの鍵になり、根っこも最も長いので寿命も一番長い歯です。八重歯になっていると古い昭和のドクターや、勉強していない若いドクターは抜きましょうというかもしれませんが、その場合は抜くのは嫌です、ときちんと伝えて帰りましょう。そして2度とその歯医者には行かないでください。

叢生、八重歯の治療のリスク

① 抜歯をしてしまったら、最後まで治療を貫徹しなければならない。

もちろんインプラントやブリッジに十分なスペースがあれば、それで再び閉じるのもアリですが、あまりにも悲しいです。抜歯をしたら、最後まできれいになりましょう。

② アンキローシスしている歯が存在した場合

アンキローシスとは骨と根っこが癒着していて矯正力をかけてもなかなか動いてくれない、もしくは全く動いてくれない歯のことです。子供の頃に転んで歯をぶつけた後に起こることがあったりします。

未だ、治療をさせて頂いた患者様の中にはいらっしゃいませんでしたが、レントゲンだけでは判別はつきませんし、もちろん見ただけではほかの歯との違いもないので厄介です。外傷の既往を覚えていらっしゃる方は、先にその歯の周りだけ矯正装置をつけて動くかを確認してから進めることはよくあります。

③ 歯肉退縮

叢生がひどく歯がきちんと磨けていないところでは、歯周病が進み歯茎が下がってくることが多いです。叢生のガタガタで歯茎が腫れた状態にあり、矯正治療前にはわかりづらいですが、矯正治療を行い歯がきちんと磨けるようになると、歯茎から腫れがなくなります。

歯周病で失われた骨の支えがないので歯茎も下に下がり、ブラックトライアングルという隙間が現れます。隙間ですから色はありませんが、口の中が暗いことが多く、黒く見えるのでこの名がつきました。現在の歯科水準でもこのブラックトライアングルを元に戻すことはできないそうです。

新橋・虎ノ門で八重歯・叢生治療をお考えの方は無料相談へ

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)治療

BOSTON矯正歯科では、矯正歯科認定医が八重歯・叢生(凸凹の歯並び)治療を担当致します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、新橋・虎ノ門の矯正歯科で八重歯・叢生(凸凹の歯並び)治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメール相談(写メ相談)をお送りください。八重歯・叢生(凸凹の歯並び)治療実績豊富な矯正歯科医が、どのように治すのか、八重歯・叢生治療の治療費はどのくらいかかるのか、八重歯・叢生治療の治療期間短縮の可能性も含め、詳しく無料カウンセリング致します。お気軽にご相談ください。

トップへ戻る