矯正治療期間の短縮(オーソパルス)|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

矯正治療期間の短縮(オーソパルス)

最大66%の治療期間の短縮!痛み少なく速い矯正治療をお望みの方へ

スピード矯正「オーソパルス®」とは?

オーソパルス

オーソパルス(=オルソパルス)は今までのスピード矯正とは全く違います。口に入れても痛くないやわらかい医療用のシリコンでできていて、その中に小さな金色のLED光放出器がたくさん埋め込まれています。それをご自宅で患者様ご自身が毎日上の歯5分、下の歯5分とお口の中に入れるだけで、長い矯正治療期間は最大66%短縮できることが確認されています。

オーソパルスを使って、マウスピース矯正の治療期間短縮を!

なんと!1年8ヶ月 → 6ヶ月まで短縮!

マウスピース矯正で考えてみましょう。当院のインビザライン治療において、1番目のマウスピースから2番目のマウスピースに交換する場合、1日20時間の装着を1週間から10日続けて頂きますが、オーソパルスの使用で1日20時間の装着は同じですが、交換期間が3日から4日にスピードアップできます。

オーソパルス例えばマウスピースが60個で美しい歯並び、かみ合わせになるとします。通常10日で交換していくと治療が何の問題もなく進んだとしても600日(1年8ヶ月弱)かかるところ、 3日交換だと、1ヶ月に10個のマウスピースを進めることが出来るので、こちらも問題なく進めば6ヶ月で終了します。

1年8ヶ月と6ヶ月、治療期間としてあなたはどちらを選びますか?

オーソパルスはワイヤー矯正にも有効

オーソパルスはマウスピース矯正だけでなく、ワイヤーでの矯正にもお使い頂け、同様の効果が得られることが確認されています。

オーソパルスの使用法、1日10分、なんて簡単!

オーソパルス

使用法はこれだけです。写真の女性のようにオーソパルスを1日に矯正治療している上顎、下顎、もしくは両方に5分ずつお口に装着して頂くだけです。オーソパルスは柔らかなシリコンで出来ていますから歯茎などに当たって痛みを感じる事もなく、使用中の患者様は柔らかい暖かみを感じる方が多いようです。

また、5分たつと自動的に音が鳴り終了を教えてくれますから、テレビを見ながら、スマホでゲームをしながらなどリラックスした状態で、お使い頂けます。

オーソパルス使用の注意点

オーソパルスの使用中に歩き回ったりするのはおすすめ致しません。転んだりしたら危険です。

また、オーソパルスの使用時間帯は、毎日なるべく同じ時間帯にされるとより高い効果が得られるようです。2~3時間程度のズレならば問題はありませんが、夜間ならいつも夜間、朝の朝食後ならその時間帯などといった形です。

また、一般的な矯正治療でも同じですが何にでも効果には個人差があることをご了承ください。

なぜ、矯正治療期間が短くなるの?オーソパルスの原理

オーソパルスは柔らかいシリコンに埋め込まれたLEDから発せられる安全な低レベルの近赤外線(850nmの波長の光)を用いた光加速治療器です。 カナダのバイオラックスリサーチ社によって開発され、すでにアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で認証されており、安全性と効果については折り紙付きです(日本では2019年現在、薬事審査の認証待ちです)。

オーソパルス矯正治療を行いながらオーソパルスを歯の周辺組織(歯茎周辺)に照射することで、細胞中のミトコンドリアがその光に反応し、細胞の、ひいては体のエネルギーとなるATPの産生を高めることができます。

そのATPが歯の根の周りにある骨の代謝をより活性化させることにより、歯が通常より速く動くというからくりです。

歯の移動と骨の添加&吸収の関係

矯正中は骨やその周りの歯周組織に(歯茎、歯茎の下にある歯の根を支える骨、そして歯の根と骨をつなぐ歯根膜)力=ストレスをかけて歯を移動させていきます。ストレスを受ける側(歯を動かしたい方向)は圧迫側と呼ばれ、そちら側の骨は吸収されてなくなっていきます。反対側は骨が添加されていきます。この骨の吸収と添加を繰り返す事により歯は移動していきます。

光で骨の吸収・添加を促進させ、歯の移動距離の限界値を超える

しかし、この吸収、添加のサイクルは約1ヶ月かかり、その間に移動できる歯の距離は最大でも1mmと言われています。また圧迫側には骨を壊す細胞(破骨細胞)が出てきて骨の周りを壊していくため、痛みを感じると言われています。このような骨の吸収と添加を繰り返すために必要なエネルギーが細胞内のミトコンドリアによって産生されるため、オーソパルスによって通常よりもたくさんのエネルギーが産生されることにより、速い歯の移動が可能となったわけです。(光によって細胞が活性化される作用をフォトバイオモジュレーションと言います)。

オーソパルスで得られるメリット

治療期間短縮(イベント事にも間に合う!)

結婚式にもキレイな歯並びに

通常、歯列矯正は短くても1年、全顎的に行うと2から3年ほどの治療期間がかかります。お口の中に出ている歯(歯冠部)のみであれば速く移動させることも可能ですが、歯冠部の移動だけでは、歯が倒れたような状態になってしまいますのでNGです。「結婚が決まったから、結婚式までにはキレイな歯並びにしたい!」そんな時には、まさにオーソパルスによる短期間歯並び矯正治療が成果を出します。

矯正治療中の痛みの軽減

矯正治療中の痛みの軽減

痛みについては主観的なものであり、個人差も大きいので痛みが全くなくなるわけではありません。現在、当院のスタッフはじめ患者様にもお使い頂き、オーソパルスなしで最初マウスピースを装着してもらったときと、オーソパルス後にマウスピースを装着して貰ったときで痛みのレベルが変わったかについてお伺いしていますが、現時点では痛みの軽減がどの患者様、スタッフでも確認されております。

オーソパルス、こんな方におすすめします!

オーソパルスの安全性

オーソパルスをはじめとするフォトバイオモジュレーション(PBM)は、1931年にオットー・ワールブルグが、細胞内のミトコンドリアが光に反応する性質を発見し、ノーベル賞を受賞したことまで遡ります。医療分野及び歯科の分野で使われているPBMを用いた医療装置は、疼痛緩和、美容、アンチエイジング、骨折の治療促進など多岐にわたります。その安全性と治療効果についてはすでに1000以上の研究結果が発表されています。

専用アプリでのサポート

オーソパルス

1日10分の使用が終了したら、流水で軽く水洗いし、写真にあるケースの定位置に戻すだけで充電が開始されます。同時にオーソパルス専用アプリとお使いのスマートフォンでデータを同期すると、きちんと使えているか、このアプリであなたとあなたの矯正治療の主治医も確認することができます。

歯科矯正治療を短くしたい!という方は東京新橋のBOSTON矯正歯科へ

矯正専門のベテランドクター

長い矯正治療ともこれでおさらば!とぜひなってほしいものです。

光の装置を当てるだけ、驚異のスピード矯正には今までのコルチコトミーのような外科的処置の際の痛みも伴いません。ただただ、1日上の歯に5分、下の歯に5分、光を当てるだけです。それで治療期間が最大66%短縮できるのです。今こそ、美しい歯並びと、機能的な咬み合わせを短期間で手に入れるチャンスだと思いませんか?

歯科矯正は興味はあるけれど、治療期間が長いのが気になるという方は、ぜひ東京新橋のBOSTON矯正歯科へご相談ください。年単位だと思っていた治療期間が数ヶ月で終わるかもしれません!

トップへ戻る