むし歯の日|港区虎ノ門・新橋すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

むし歯の日

投稿日:2022年6月13日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。Boston矯正歯科、院長の長尾です。最近ちょっと太ってきたかも。。。暑くなってきておなか周りが気になり始めた梅雨の晴れ間です。。。。食後にはマメに動いたりするようにします。

ところで先週、年に1回(当たり前)ですが6月4日、むし歯の日、虫歯予防デーがありました。最近治療をしていると20年程前に歯科医師に成り立ての頃のような「おおっ」と思うほどひどい虫歯の方を見かけることは少なくなりました。

6年に1回、歯科疾患実態調査という大々的な調査が行なわれていますが、むし歯の本数は少なくなってきています。学校での検診などが功を奏していると思われます。

12歳児の1人平均う歯数は、4.30本(平成元年)→0.84本(平成28年) う蝕有病率は、 88.3%(平成元年)→35.5%(平成28年) と年々減少しているのがわかります。

平成元年の小学6年生は88%と9割近くがむし歯持ちだったのが、平成28年では35%の小学6年生にしかむし歯は認められないということです。

私は1973年生まれなので平成元年(1989年)は16歳、むし歯ありましたね。結構何カ所も。。。。幸い今も神経の処置までした歯はありません。

またいわゆる8020運動というやつ、80歳で20本の歯をもとう、も平成28年では50%以上の80歳の方が達成されているということです。20本あればきちんと食べられるかというと若干心許ない気もします。親知らずまで含めると32本、親知らずなしだと28本です。20本だと大臼歯はみんなないのかな、、、前歯が抜けちゃってたらいやですからね、、、

現在、歯を失う原因堂々の第1位は歯周病です。歯磨きがうまくできてなく歯茎や歯槽骨を失う慢性疾患です。歯磨きしやすい環境を矯正治療で手に入れましょう。

トップへ戻る