インビザラインと抜歯 2|港区虎ノ門・新橋すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

インビザラインと抜歯 2

投稿日:2022年5月23日

カテゴリ:院長ブログ

皆様、こんにちは。Boston矯正歯科、院長の長尾です。

インビザラインで治療をするようになり、私自身治療計画の立て方が変わりました。どのように変わったかというと、抜歯が少なくなった、です。

インビザラインで抜歯が少なくなった理由はいくつかあります。

歯の遠心移動ができる。歯の遠心移動とは奥歯をさらに奥に移動することです。遠心移動は今までミニスクリュー、ミニインプラントを固定源として使用しないとできませんでした。インビザラインですと、上下とも2mm程度(上顎は3mmくらい)は遠心に移動ができそのため前歯のガタガタなどが抜歯なしでも治しやすくなりました。

歯列の拡大ができる。もちろんこれはワイヤーでもできることですが、インビザラインはより得意と言っても過言ではないでしょう。もちろん骨のないところに歯の移動はできませんので、限度があります。

IPRがどのくらい必要かあらかじめ分かる。IPRとはInter Proximal Reductionの略です。歯のエナメル質を少し削ることです。削るというと虫歯になる?とか痛いの?などありますが、ほぼ痛みはありません。また虫歯になるリスクというのも高くなると言う報告はまだありませんのでご安心ください。削る量は両側で0.5mm以下なので、1本の歯の片側では0.25mm以下になります。

これら3つの組み合わせでインビザラインでは通常のワイヤー矯正より、抜歯する頻度は格段に減りました。また最近ではインビザラインで治療できるケースのほうが多くなってきたので、ぜひ当院で無料カウンセリングを受けてください。

トップへ戻る