矯正終了とリテーナー|港区虎ノ門・新橋すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

矯正終了とリテーナー

投稿日:2021年11月29日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。Boston矯正歯科、院長の長尾です。

開業して早いもので3年がたちます。ありがたいことに多くの患者さんに恵まれてきました。皆様、とても真面目なかたばかりで私の治療方法に賛同くださり、大変なお願いを守ってくださり、どんどんキレイになられかみ合わせも治ってきました。

矯正治療には終わりがあります。

よくなかなか終わらない。もう○年もやっている、なんて話を聞きますが、終われるなら早く終わるに超したことはありません。

しかしながらそれは患者さんご本人の満足と、矯正医としてのここまで治さねばとの意識とどちらも達成しなければならないと思っています。

そのような中で最近どんどん矯正治療を終了され、卒業されていく方が増えています。

今日もまたお一人、辛いワイヤー治療を終え、見事なかみ合わせを手に入れられお帰りになりました。

矯正医として治療前後の写真を見ることは喜びの時間です。そのために仕事をしていると言っても過言ではない(笑)。

ですので皆さん、これまでかけた苦労を忘れず、痛みを忘れず、これからリテーナーを人生のなかでなくてはならないものとしてお使いください。

文献ではリテーナーを使用して10年、20年経った患者さんの後戻り具合などが発表されています。逆を言えばリテーナー使用10年、20年経たないと、リテーナーの論文としては認められないということです。

せっかく手に入れたキレイな歯並びを失わないよう。リテーナーは人生です。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る