矯正治療と抜歯|港区虎ノ門・新橋すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

矯正治療と抜歯

投稿日:2021年11月11日

カテゴリ:未分類

皆様、こんにちは。Boston矯正歯科、院長の長尾です。

秋らしい過ごしやすい日々ですね。朝晩は寒いので体調を崩されませんよう。

さて矯正治療と抜歯についてです。やはり治療なのに健康な歯を抜くなんて!と思われますよね。私も歯学部学生の時までそう思ってました。

矯正治療で抜歯するのは主に小臼歯という歯です。

よく八重歯を抜くとかいいますが、八重歯は歯の中で一番根も長く、かつかみ合わせの鍵になる大事な歯なので抜かないでください。抜くという歯医者がいたらよく話を聞いて、かつセカンドオピニオンも求めた方がいいでしょう。

今日、カウンセリングにいらした患者様はやはり抜歯なんてとんでもない!という感じでした。親知らずを抜いたのでそこに移動してほしいとのことでしたが、かなり前歯の突出感が強いこと、奥歯のかみ合わせも悪いこと、ガミースマイルなどもあり、上下4本の抜歯についての矯正治療についてご説明しました。

確かに健康な歯を抜き、その隙間をすべて埋めてなかったことにしなくてはなりません。プラスして前突感を解消しきれいな歯並び、よいかみ合わせにしないといけないので矯正医選びは慎重にすべきです。

虫歯を治すのはその1本だけに注目!ですが、矯正治療は全体的なかみ合わせです。ぜひ当院でバランスの整った歯並びかみ合わせを目指してみませんか?

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る