開咬 オープンバイトは?|港区虎ノ門・新橋すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

開咬 オープンバイトは?

投稿日:2021年10月5日

カテゴリ:院長ブログ

皆様、こんにちは。Boston矯正歯科、院長の長尾です。最近、開咬(オープンバイト)の方が多いので今日はそれについて書いてみます。

まずオープンバイトの原因ですが、多くは舌です。舌癖と呼ばれます。矯正医にとって舌は敵です!

知らず知らずのうちに舌を出している。上下の前歯がかみ合っていないから舌が出てくるのか、舌を出しちゃうから上下の前歯がかみ合わないのか、、、舌を置く正しい位置は上の前歯のちょっと後ろの口蓋です。

最近のオープンバイト治療は主にインビザラインを用います。インビザラインを使用する前はオープンバイトの治療が嫌いでした。多くの矯正医がワイヤーを用いたオープンバイトの治療は好きではないのではないかと思います。

矯正医が嫌いなオープンバイト

なぜ嫌いなのが。1つはワイヤーでオープンバイトの治療を行うと、患者さんの前歯上下にゴム(垂直ゴム)をかけてもらわないといけないのです。コロナでマスクの方が多い現在はいいですが、やはりゴムかけの協力が得られないとなかなかオープンバイトは治りません。

オープンバイトの治療方法

前歯が咬んでいないので治療法は2つです。1つは前歯を挺出させる、引っ張ってくるやり方です。引っ張っても抜けちゃうことはありません。周りの骨や歯茎、歯根膜も再生されるためです。歯が長くなるように見えることもありません。ですが前歯の挺出のみに頼ると後戻りしやすいです。論文的にはオープンバイトの後戻りはほぼすべての患者に見られ、後戻り量としては約1.5mmとありました。

2つめの治療方法としては大臼歯の圧下です。圧下というと骨にめり込ませると思われるかもしれませんが、これまた周りの骨や歯茎、歯根膜も破壊プラス再生されるので歯がめり込むことはないです。ですが矯正治療として大臼歯を圧下させるだけのアンカー(固定源)になってくれる歯はないです。そのためアンカースクリュー、ミニスクリューと呼ばれる小さいインプラントを何本も併用したりします。ですがミニスクリューも完全ではありません。歯根の間が狭かったりすると使用できませんし、脱離率も20%程度と言われています。

インビザラインでオープンバイト治療

インビザラインは大臼歯の圧下が得意だと思います。マウスピースを考えると大臼歯は咬む面(咬合面)が覆われているので、1日20時間数ミリのマウスピースが大臼歯の間を挟むことで常時圧下する力が働きます。

今はオープンバイト治療が好き

なので現在は初診カウンセリングでオープンバイトの方がいらっしゃるとちょっと嬉しいです。きれいに治す自信があるからです。前歯でもものを咬む、かみ切る楽しさを味わってみませんか。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る