自粛中のストレス 歯医者の不養生 新型コロナウイルス関連|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

アメリカ矯正歯科学会所属

インビザライン矯正対応

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

自粛中のストレス 歯医者の不養生 新型コロナウイルス関連

投稿日:2020年4月20日

カテゴリ:院長ブログ

皆様、こんにちは。Boston矯正歯科の院長、長尾です。

休診を頂いているため自宅におります。私が自宅にいることでスタッフはじめ、患者様も来院されるという外出を避けて頂けていると思いつつブログの更新をしております。皆様、お家にいて下さい。

さてこんな長期間にわたって自宅から出られない、外出を自粛するという生活はなかなかストレスが溜まりますね。私は割と自宅でまったりするのが好きな方ですが外食ができないのが辛い。しかも我が家は夫と私の二人暮らし、夫は料理を全くしないため1日3食私が作る生活がこんなにもストレスとなってのしかかってくるとは、という毎日です。

ストレスからの夜間、食いしばり、顎関節症への道

外出自粛と食事作りのストレスからか最近、顎の筋肉の疲れと軽い頭痛がします。思い当たることは夜間の食いしばり、でしょうか。患者さんには食いしばりはやめてくださいねー、とお願いするのですが、寝ているときだけはどうしようもない。夜、寝ているときにがっちり食いしばっているようです(悲)。咬筋と側頭筋がひどく硬くこり固まっています。お風呂で温めてマッサージとか、グーとかパーでマッサージしてください、と顎の疲れや痛みを訴える方のうち筋肉由来と思われる方にはご説明していましたが、まさか自分がやる番になるとは、コロナの威力はすさまじい、と思わずにはいられません(泣)。

家でなるべくゆっくり、焦らず過ごしましょう

なるべくゆっくり、焦らず過ごしましょう、と書いた自分が一番、コロナ収束後の診療の忙しさを考えるとパニックになったりします。しかし今、考えてもどうしようもなりません。今、動くと状態は悪化する、たぶん、確実に。そう思うと家で心穏やかに、ゆっくり焦らず過ごすのが一番な気がします(と書きつつ、自分にも言い聞かせている)。それが多少のストレス解消にもつながり、夜間の食いしばり解消にもつながると信じて。

さて、今晩、我が家は何を頂きましょう?→それを考えるとストレスかも!!!

トップへ戻る