インビザラインかワイヤー矯正か?|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

インビザラインかワイヤー矯正か?

投稿日:2018年10月26日

カテゴリ:院長ブログ

皆様、こんにちは。ボストン矯正歯科の長尾です。昨晩、夫から「僕の悪口を書いたね」と言われました。えっ、この人、私のブログ監視しているのか、、、、おちおちネタにもできません。

今日はインビザラインかワイヤー矯正か?についてお話していきます。一長一短どちらにもありますから。

インビザラインのメリット、デメリット

もうインビザラインのメリット、何回書いたでしょうか。見えない、取り外しが出来てお食事、歯ブラシいつも通り、痛みが少ない方の方が多い、他には歯周病がひどい方などにも弱い持続的な力で歯を移動させるので使えますし、前歯の根の形が悪い方もワイヤーより根が短くなっていく恐れが少ないのでオススメですなどでしょうか。

デメリットとしては水以外の飲み物を飲むときは、外さなければならない、1日20時間の装着は必須。抜歯症例などは治療期間が長引くことがある。ワイヤーより値段が高い

インビザライン最大のデメリット

それは埋伏歯(歯茎の中に埋まって出てこない歯)などには対応が難しいことです。埋伏歯は矯正専門で治療を行っていると、割と頻繁にお目にかかります。多いのは上の犬歯、下の第2大臼歯、上の中切歯(一番真ん中の歯)です。

これらは歯茎の中から出てくる方向が悪かったり(水平方向に向いていたり)、出てこられるスペースがなかったり、他の歯に引っかかってしまったりで、出てきてくれません。親知らずなら抜歯になるのですが、さすがに前歯や犬歯は絶対に抜歯できません。それを引っ張り出すには、口腔外科の先生などに歯茎を開けてもらい、歯を露出させてもらって、すぐに装置をつけ引っ張り始めます。

さすがにこれはインビザラインではできない。ですからワイヤー矯正の腕もいつでも矯正医には必要になってくるのです。

ワイヤー矯正のメリット、デメリット

ワイヤー矯正は私も15年ほど前に2年ほどかけて治療を受けました。メリットとしては私は4本歯を上下左右で抜歯したのですが、2年と1ヶ月で終了したので、インビザラインよりずっと治療期間は短いです。あとはインビザラインでは動かしきれない、埋伏歯や根の動きも頑張れます、くらいかな、、、私はワイヤー矯正で治療するのは嫌いではありません。インビザラインをオススメするのは患者さんがやはり、見えない、痛くない治療を好まれるからです。もちろんインビザラインでできるのであれば、そちらの方がいいと思います。

ワイヤー矯正のデメリット

ワイヤー矯正は毎月の治療の後、3から5日間くらい痛かったです。バナナが硬いと思いました。痛み止めもその時は服用していました。これにはもちろん個人差もあります

他には何かの拍子にワイヤーや装置が外れてしまったりする、外から見える(最近はずいぶん見えなくなりましたが)、歯磨きがしづらく虫歯や歯周病になりやすい食事をしていると、線維性の食品(ニラ、えのき、など)が引っかかりやすい、お肉類も引っかかりやすかった覚えがあります。歯周病がひどい人には悪化するリスクがある、根の吸収がインビザラインより起こり易い。

こう見るとワイヤー矯正にはずいぶんデメリットが多いように思われますが、こちらでしかできない矯正もあります

ですからインビザラインで治療したいという時は、ワイヤー矯正の知識もある矯正専門医へ

ご相談は無料です。スタッフ一同、お待ちしております。       

                      院長 ボストン大学矯正科卒業 長尾紀代子

 

 

 

 

 

トップへ戻る