歯を抜かない矯正治療はいつも正しいか?|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

歯を抜かない矯正治療はいつも正しいか?

投稿日:2018年8月6日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。ボストン矯正歯科の院長ブログへようこそ。お待ちしておりました(^^)。今日は矯正治療で健康な歯を抜いて治すのか、抜かないとどうなるのか、についてお話ししようと思います。結構、このネタは議論の種になる、お一人の患者様の治療法についても同期の矯正専門医や、先輩矯正医にきいても意見が分かれることがあるほどです。私がここから書いていくことも、私の意見だと思って、他の先生は他の先生のやり方があるのでご自身でよくセカンドオピニオンなどを聞かれて、決めて頂くことが大切だと思います。

なぜ歯を抜かなければきれいになれないのか?

3人掛けのベンチがあります。そこにお相撲さん5人は座れません。それとお口の中も同じです。顎の大きさを大きくする、それができるのは成長発育期のお子様に限られます。この顎というのは主に下顎を指します。下顎が抜歯をするかしないかを決めるアーチなのです。下顎は1つの骨で、成人されてから大きくするというのは、歯周病の観点からも限界があります。下顎の歯を親知らずを抜いて奥に移動させるのも限界があります。下顎の骨は上顎より硬い骨なので動きづらいというのも理由の1つになるでしょう。下顎に重度の叢生(ガタガタ)があればなかなか私では抜歯を考えないと、治療ができるかわかりません。

さかんに言われる非抜歯矯正

非抜歯矯正というのは、歯を抜かずに美しい矯正のフィニッシュを作り出すことです。下顎の奥歯を奥に建てたり、小さいころから顎を大きくする装置を毎日装着したりと、なかなか大変です。ですが本当にできるのでしょうか?ワイヤー矯正ではかなり疑問を感じます。某歯科大学の矯正科の教授がさかんに非抜歯矯正を唱えておられますが、彼の書かれた本の最後のケースは、重度の叢生の女性(結構きれいなかたでした、最初は)が非抜歯で治されておられたのですが、私から見たら、え、口元がちょっと出っ張っちゃってゴリラぽくないか?と思いました。私は4本第1小臼歯と4本親しらずを抜歯して矯正に臨みました。たぶんそんなに出っ張り感を感じられる口元では今はないと思います。

健康な歯を抜くことはそんなに悪か?

もちろん私も抜かなくていい歯を抜いて治療することはありません。抜かずに治せるならばそれが一番です。しかし最近はインビザラインがあります。インビザラインは奥へ歯を動かすことが得意です。また少しだけ横にも歯周病のことも考えて広げることもあります。そして0.5mm、1mmの半分まで削合することによりかなり、横顔の出っ張り感も解消できることがあります。ですが抜歯のワイヤー矯正ほどではない。ミニインプラントなど使えば私は横顔をへこませたい方は抜歯のワイヤー矯正が早くて、費用も抑えられ、きれいな口元、いつも唇から歯が飛び出ることのない美しい口元になれると思います。

そして今、私はこの歯で人生を全うする自信があります。歯を抜くのを嫌がる方は皆さん、お年を召して歯が抜け出した時、最初から少ないと困るとおっしゃいますが、矯正は予防の意味も大きく、審美だけではないのです。矯正して歯を抜いても、きれいな歯並び、しっかりとしたかみ合わせがと、毎食後の歯磨きがあれば、ご自身の歯でいつでもおいしいものが召し上がれます、おしゃべりも楽しく、自信をもってできます。

ワイヤー矯正は2~4日ほど痛みもありますし、外からも見えます。でも今のあなたの歯並びでいるよりワイヤー矯正された方が、前向きとみなされるでしょう。インビザラインは残念ながら技工費用が含まれるので高額になることがあります。私はワイヤー矯正も得意です。ほかの分野は、虫歯治療や神経の治療はもう15年以上患者様の治療をしていません。毎日矯正のことばかり考えています(おたくっぽいですかね)。少しでもいい治療をしなければと。

ワイヤー矯正をそれほど嫌がらないでください。治療が終了した時の、装置が外れた時のあの感覚は格別ですから。

インビザラインもワイヤー矯正も一長一短です。両方わかっている専門医にご相談ください。ぜひ無料相談お待ちしております。               

                               長尾紀代子

 

トップへ戻る