一般のワイヤー矯正について|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

一般のワイヤー矯正について

投稿日:2018年7月12日

カテゴリ:院長ブログ

皆様、こんにちは。こんなに暑くて2年後にオリンピックでマラソンとかゴルフとかできるのでしょうか?昭和39年(私はまだ生まれてませんよ)の時は10月10日からだったのに、今は酷暑日に開催。テレビの放映権と海外の他のスポーツとの兼ね合いだと言いますが、選手の目線でないところが悲しい、院長の長尾です。

今日は一般、普通の皆様が今まで矯正と思われていらした、歯に装置をつけて、その上からワイヤー(針金)をつけて、歯を治す治療法についてお話ししようと思います。

ワイヤーが見えるのがイヤ?

患者さんが私のところに矯正相談に見えます。矯正相談にいらっしゃるくらいなので、もちろん歯並びがいいはずはありません。インビザラインのある現在はやはり見えないものがいい方が多いのだろうな、とインビザライン、ワイヤー矯正含めていろいろな可能性をお話しできる時代になりました。しかし10数年前はインビザラインの治療範囲は極めて小さかった。ですから裏側矯正のできない私は表側、装置とワイヤーが見える矯正しかできません。すると患者さんの中で、「裏側ではできないんですか?見えるのは絶対イヤ」と仰る方が数多くいらっしゃいました。

私の心の中で

すみません。私は裏側矯正(正しくは舌側矯正と言いますが)できないんです。でもあなたの今のそのひどい歯並びを、何も感じずに現在まで他の人に見せてきたなら、矯正装置つけたほうがまだ前向きにとらえられますよ。と何度言いたかったことか。心の中でしか言っていません。私はボストンから帰ってきてずっと勤務医だったので、そんなこと言ってもめたらクビにはならずとも、注意されてストレスになるので。

ですが本当に街を歩いている、きれいな髪をして、高そうな服を着てバックをもって、上から下まで高級感あふれるのに、どうしてそんな歯並びで恥ずかしくもなく歩いていられるの?と聞きたい時があります。これももちろん聞いたことはありません。でもインビザライン社のちょっと前の調査でも、多くの外国人が日本はこんなに街もきれいで、物も豊かなのに、どうしてみんなひどい歯並びの人が多いのか分からない、というのを読んだことがあります。インビザライン社の許可が出たらどこかに載せておきますね。

たまにしかしない行動

スーパーとかに行き、お肉コーナーのお兄さんが後ずさりたくなるほど口臭がひどいときがありました。そういう時は思わず小声で「お兄さん、口臭いよ」と言ってしまったことが、数回あります。キズつけちゃったかな、と思いますがその後「私、歯医者だから、ごめんね」と付け足します。あれでは絶対にあのスーパーのお肉は売れないと思いますし、口臭があるということは、汚れが残っている、またはどこか口の中に悪いところがあるという証拠ですから、歯医者の義務と思ってがんばります

ワイヤー矯正のほうが優れている所も多い

確かにインビザラインは目立ちません。痛みも少なく、食事も歯磨きも普段のまま。いいとこ尽くしのようですが、苦手な所もあります。ワイヤー矯正のほうが圧倒的にうまくできるところもありますし、たとえば部分矯正、ここだけ治したい、というやつです。インビザラインだと型どり、またはスキャンして、写真撮って送ってと出来てくるまでに、2か月程度かかりますが、ワイヤー矯正ならすぐ取り付けて、治療が始められます。細かいところも頑張って治せます。インビザラインでは例えば歯を少し0.3mmとか削って、ほんの少し0.1mmとか隙間が残ってしまった。食べ物が挟まる。ワイヤー矯正ではすぐにその隙間を埋められますが、インビザラインしかイヤな方はまたその隙間を閉じるために、一連のプロセスを踏まなければならないわけです。

ですがインビザラインを主におススメする理由

ワイヤー矯正も私は好きです。自分もその治療でしたし、きれいに仕上がるとこんなにうれしいことはない。ですがやはり皆さん、目立たない方を選ばれる傾向にあります。悪いことでは全くありません。美しい歯並びと咬み合わせになってくだされば。結果が良ければすべてよしでしょう。

お願いですから、シャネルでもエルメスでも何でもいいですが、素敵な格好をして、ひどい歯並びをそのままにしておかないでください。将来的な健康にも影響が出ます。全て美しくなってこそ、光るものが、得るものがあるのではないでしょうか?

だからと言って、健康な歯を全部削って、差し歯にするのだけはおやめください。もちろんそちらの方が早いです。ですが治療はその1回きりではなく、差し歯は取れたり、折れたり、リスクが大きいのです。永久にもつものではないのです。ご自身の健康な歯に勝るものはありません。

今日はちょっと辛口でした。失礼しました。お気を悪くされましたらごめんなさい。でもワイヤーをつけても私のような歯医者以外、誰もあなたの口元の矯正装置を見ていません。だから周りの人は今まで、あなたのひどい歯並びに何も言わない、関心を抱いていなかったのですから(歯医者以外は)。ワイヤーがイヤという方はご自身がものすごく人目を集めてると思いすぎです。私もワイヤー矯正をやってわかりました。誰も私の歯並びなんかに気を止めてはいないことを。私自身、30代になってからのワイヤー矯正で、出っ歯でしかも駆け出しとはいえ歯科医師だったのに、気づいてなかったのですから、いい加減なものです。お許しを。

                               長尾紀代子

トップへ戻る