マウスピース矯正がうまく行かない時のリカバリー方法|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

マウスピース矯正がうまく行かない時のリカバリー方法

投稿日:2018年7月4日

カテゴリ:院長ブログ

おはようございます。今日は曇り空ですね。ボストン矯正歯科の院長、長尾と申します。宜しくお願いいたします。

今日はマウスピース矯正のリカバリー方法についていくつかお話していければと思います。リカバリー方法をあまり知らない、やったことがない、だとマウスピースがお口に合わなくなった時、毎回毎回、型取りをしなければなりません。それよりちょっとの工夫で治せるのが専門医ならでは(できないときもありますが、、、)。

マウスピース矯正のリカバリー法

どんなにしっかり治療計画を立て、マウスピース、インビザラインを作ってもお口に合わなくなる時があります。リカバリーができるのか、できないのか?

歯とマウスピースの間にすき間がある

これはよくあることです。特に多いのが上の歯の2番目か3番目(犬歯)でしょうか。この時見なければならないのは咬み合わせです。2番目(側切歯)は小さいのでなかなか下の歯と咬み合ってくれません。そういう時は2番に透明な小さなボタンをつけて(直径1.5mm程度)下の歯にも同様にボタンをつけるか、マウスピースに切り込みを入れます。そしてボタンからボタン(もしくは切り込み)に小さいゴムをかけて頂く。ちょっと面倒ですが、お互い引っ張られ咬み合ってくれるようになります。これも患者さんご自身で毎日装着していただくものなので、まじめに使って頂ける方がきれいに、早く治ります。

頬側のマウスピースと歯の間にすき間がある

これは歯が捻転(ねんてん)しているのを治し切れていない時が多いです。そんな時は動かしたいほうの歯の裏側に小さくアタッチメントのようなポッチをつけたりします。そうするとマウスピースがポッチを押してくれて歯の捻転が治る時があります。

上手く臼歯部がかみあわない

奥歯が浮いていて、前歯しか当たってない方がたまに見受けられます。そういう時は装着時間を一か月から数か月短くする、または大胆に奥歯の部分のマウスピースを切ってなくしてしまい、前歯だけでお使いいただく。歯は上でも下でも咬み合う相手がいないと伸びてきます。上顎の歯だとイメージしやすいでしょうか。咬み合っていた下の歯を何かの理由で抜歯してしまった。そのままにしておくと上の歯はどんどん落ちてくることがあります。たくさん落ちてきて困るのは、抜いてしまった下の歯に何か、入れ歯でもインプラントでもブリッジでも、作る高さがなくなってしまうのです。特に大臼歯が落ちてくると、ミニインプラント(ミニスクリュー)と呼ばれる小さい、インプラント(直径1.2mm前後、長さ8mm前後です)を少し麻酔して歯茎との下の骨にいれて圧下(あっか)しなければなりません。圧下というのは歯をもとにあった位置に上げてやることです。ミニインプラントの出現でできるようになりましたが、ない時代はワイヤーで大臼歯を持ち上げるなんてことは、専門医の私が考えても神業です(できなくはないですが、難しいです)。

下の前歯のガタガタが少しだけ残っている

少しだけ残っているというところがポイントです。たくさん残っていたら、再印象・再スキャンですがほんのちょっと、だと考えます。そこでマニューバーといわれる装置の出番です。インビザラインをされる患者様はあと少しだからブラケット(いわゆる矯正装置)をつけましょう、と言って付けると99%の方が2週間以内にこんなものは嫌だ、外してくれ、、インビザラインに戻してくれとおっしゃいます(涙)。マニューバーという装置はアタッチメント程度に小さいので、ほとんど気になりませんし、目立ちません。小さいのによく移動の助けになる、力強い味方です。それをつけるとほんのちょっとのガタガタも治っていくことが多いです。

リカバリーできないと、、、

再印象・再スキャンで費用もかかります。リカバリーの方法はまだたくさんありますので、やはり難しい症例の方は経験の豊富な専門医を探しましょう。確かにリーズナブルな費用や短い期間でできますよ、とか甘い言葉を言われるかもしれません。しかし現在はインビザラインに限らずマウスピース矯正は矯正専門医、認定医でなくても、口腔外科医でも小児歯科医でも誰でもなれる時代になってしまいました。講義を数回受ければ、オンライン講座も充実しているようで(見たことがないのですが)、経験不足の先生方が多いのも否めません。

矯正治療は歯科医療の中でも特殊です。説明をして、お口の中の写真や模型をとって、しっかり治療の説明をしてくださる専門医の先生を探しましょう。

いつでも矯正専門医がお待ちしているボストン矯正歯科からでした。良い1日をお過ごしください。                     

                              長尾紀代子

トップへ戻る