矯正装置と歯磨き|虎ノ門駅・ 新橋駅すぐのインビザライン・マウスピース矯正歯科

アメリカ矯正歯科学会 認定医

インビザライン 認定医

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

03-6205-4114

東京都港区西新橋1-9-8-3階歯科矯正専門歯科

矯正装置と歯磨き

投稿日:2018年7月2日

カテゴリ:院長ブログ

皆さま、こんにちは。もう、口から出る言葉は「暑い~」だけですね。ボストン矯正歯科の院長、長尾です。

今日は矯正中の歯磨きについて、お話ししようと思います。

矯正中の歯磨き 

矯正中は針金の矯正にしろ、マウスピース矯正にしろ、気を付けることが多くなります。

マウスピース矯正中の歯磨き

マウスピース矯正、インビザライン治療中の歯磨きは普段と同じ、マウスピースを外して、お食事を召しあがって、歯を磨いて、またマウスピースをつける。カレーやお味噌汁など色の濃いものを召しあがった時にはしっかり磨いてください。カレー色のマウスピースが出来上がると悲劇です。

マウスピース矯正中の要注意は飲み物です。基本はお水のみ、マウスピースつけたままでOKですが、他はだめです。お食事と同じように外して、飲んで、できたら歯磨きして、無理ならお水でうがいをしてから装着してください。スポーツ飲料のような色がついていないからいいか、と装着したまま飲むと1か月で5か所は虫歯ができます。スポーツ飲料はお砂糖がたくさん入っています。その他、無糖、と書いてあってもお砂糖の代替甘味料が入っているので、必ず外して、飲んで、歯磨きまたはうがいをしてから、再装着です。

針金を使った矯正の歯磨き

いわゆるブラケットという装置を歯に特殊な接着剤でつけ、そのブラケットと針金を結んで、針金の力で(ゴムなども使いますが)、歯を動かします。一度、矯正医がブラケットを付けたら終わるまでとれません。最近は目立たず、小さいもので、痛みも少なくなってきたので費用や期間の面でもマウスピースよりおススメの時もあります。

しかしやはり異物感は残りますし、歯磨きはマウスピース矯正より大変です。

歯ブラシを普通は横向きに使いますよね。ですが横向きに使うと針金が邪魔をして、その針金の真下の歯まで歯ブラシが届かないのです。一か月後に患者さんがいらして、針金をはずすとべったりとプラーク(細菌の塊)がついていらっしゃる方も。口臭もきっとしますし、虫歯にも、歯周病にもなります。

歯ブラシは縦に使ってください。そして針金の下から汚れを書き出すように、鏡をみて歯1本1本丁寧に磨いて頂けないと汚れが残ります。

当医院では針金にしろ、マウスピース矯正インビザラインにしろ、汚れが目立つ場合は先にお掃除をしてから治療に入るようにしています(時間の許す限りですが)。

歯磨き粉について

テレビのCMでは歯ブラシの上に3センチくらい歯磨き粉をのせていますが、あれではお口の中があっという間にアワアワになり、ミントの香りなんかでスキッとした気分になってしまい汚れが残っているにもかかわらず、歯磨きを終えざるを得ない状況になってしまいます。

歯磨き粉は無しでもいいくらいです。私はだいたい米粒半分くらいを1回に使います。もしくは先に汚れがしっかり取れたな、と思うくらいきちんと磨いて、その後米粒半分で仕上げ磨きをします。

フッ素が入っているから、もちろんフッ素は虫歯予防にはとてもいいものです。しかしお子様の生えたばかりの乳歯、永久歯はフッ素の取り込みがいいですが、大人の出来上がってしまいつつある永久歯はフッ素をそこまでとりこみません。もちろんちょっとほんとに小さい虫歯や少し欠けてしまった部分にフッ素を塗っておくと永久歯にも効果はあります。

歯ぐきから血がでたら?

それは汚れが残っていて歯ぐきが腫れている証拠です。「あ、血が出た」と言って歯磨きを止めてはいけません。柔らかめの歯ブラシを使って、優しく優しく腫れている歯と歯茎の間を磨いてあげてください。その時、優しく磨いても出血します。出てくる血は炎症がある悪い血なのです。出しましょう。必ず優しく磨いてください。あと歯医者さんにも少なくとも半年に1回は通ってください。予防の大切さが叫ばれている昨今、虫歯や歯周病になって、歯を失うより、きちんと磨いて悪い状態にならないようにすることが大切で、安上がり、将来の健康にもつながります。皆さん、歯医者が嫌いな方が多いでしょうが、悪くなる前に来ていただければ痛いことはそれほどありません

腫れた歯茎に歯磨き粉を塗っても意味はない

テレビのCMでぶよぶよに腫れた歯茎にこれを塗れば、有効成分が効いて、、、腫れが治りますとありますが一時的です。ぶよぶよの腫れの原因はプラークなのでそれをしっかりとらないと、またすぐ再発します。プラークが歯周病の原因です。プラークがないようにきれいに歯磨きできていれば、歯周病で歯を失うリスクは減ります。

最後に

歯を失う2大疾患は虫歯と歯周病です。それを防げるのは毎日の正しい歯磨きだけです。ですがガタガタの歯並びだったりすると虫歯になりやすいですし、咬み合わせが悪かったりすると歯周病がよりわるくなります。矯正はもちろん見た目も咬み合わせもよくなりますが、予防として、将来歯を失わないようにするためと思って、一度、お話をしにいらっしゃいませんか?お待ちしております。

今日もお付き合いありがとうございました。

                          長尾紀代子

 

 

 

トップへ戻る